使ったあとは焼却処分も! デンマーク発の環境に優しいBBQグリル「Casusgrill」

使ったあとは焼却処分も! デンマーク発の環境に優しいBBQグリル「Casusgrill」

  • Techable
  • 更新日:2017/08/15
No image

キャンプなどアウトドアでお決まりのBBQ。そのBBQをより手軽に、そして環境に優しいものにするBBQコンロが登場した。

環境先進国デンマークのスタートアップが開発した「Casusgrill」。コンパクトなので簡単に持ち運びでき、燃料も付いているのですぐに調理が始められる。そして何といっても全て天然素材を使っているので使用後にゴミとして捨てても環境に負担をかけないのが売りだ。

・本体はダンボール製

開発のきっかけは、創設者がフランスのアルプスへキャンプ旅行したときの体験。1回しか使っていないアルミのトレイなどが山や野原に散乱しているのを目の当たりにした。

No image

そうしたものに取って代わる環境に優しい屋外用調理ツールを、と考案したのがCasusgrillだ。本体はダンボールでできていて、お肉などをのせるグリル部分は竹串でできている。

そして燃料は竹炭。竹炭の下には火山石が敷かれ、これは熱を持続させ、また延焼を防ぐ役割があるのだという。

・片付けの手間いらず

このBBQコンロ、組み立てはとても簡単。火をつけて5分でグリルできるようになり、約60分使用可能とのこと。

No image

そして全て自然に還る素材を使っているので、使用後はゴミとして捨てても環境への負担はなく、キャンプファイヤーなどで燃やしても大丈夫。エコフレンドリーであるだけでなく、後片付けに時間をとられない、帰りの荷物が減らせるというメリットもある。

すでに日本でも取扱店があり、1200円程度で販売されているようだ。

Casusgrill

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ステージ4の肺がん」宣告受ける数時間前の写真をFacebookに投稿した英女性
【タイ国際航空】6名の学生アンバサダー決定! オリジナルマニフェストをタイで実現
SNSの自撮り写真は信じちゃダメ!? マッチョマンが『5秒で撮ったビフォー・アフター写真』であっさり証明
「辞めようとしてる後輩を引き止める会」の結末は......!? 「そりゃ辞めるわ」「同じことやっていた」
間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加