中居正広がWBCの現場で“暗黙のルール”を破り記者たちから大ブーイング

中居正広がWBCの現場で“暗黙のルール”を破り記者たちから大ブーイング

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2017/03/21
No image

3月16日発売の「週刊文春」が、第4回WBC(ワールドベースボールクラシック)の現場にて、中居正広が一部記者から大ブーイングされていたと報じた。中居は、今大会で日本代表公認サポートキャプテンを務めている。

「一次ラウンドの初戦、中居が先発投手に取材をしていた時のこと。記事によると、記者が現場に足を踏み入れた場合、先発予定の投手は本番前に集中しているため、取材をしてはならないという“暗黙のルール”があるそうです。にもかかわらず、中居は投手と数十分も話し込んでいたため、現場でその様子を見たベテラン記者からは、大ブーイングが上がっていたのだとか」(芸能記者)

とはいえ、2戦目以降は先発投手への接触を控えていたようで、彼がそのルールを知らなかっただけという声もある。

そんな中居といえば、前大会でも一部スポーツ新聞が「解説者気取り SMAP中居黙れ」と一面でバッシング記事を掲載し、大きな話題となった。だがテレビ誌記者によると、中居はWBCを中継するうえで欠かせない存在だと語る。

「WBCは瞬間最高視聴率が30%を超えることも珍しくありません。そんななか、SNSでは普段は野球中継を見ない層が、“中居が出ているから見る”という理由で視聴しているという声が非常に多い。つまり、彼の存在が野球ファン以外の視聴者の開拓に結びついているため、局側は今後も中居を起用し続けることでしょう」

賛否が飛び交う中居のリポートだが、試合中はメモを懸命に取り、コメントの準備する姿などは、現場の記者からも評価する声が上がっているという。今後、彼の努力が野球ファンからの信頼に繋がればいいのだが。

関連記事:侍ジャパンもビックリ!?中居正広がナイン全員に贈った高級プレゼントがセンスありすぎ http://www.asagei.com/excerpt/77206

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ヤクルト】バレンティンもデニングも、WBCは“スワローズ同窓会”だった
侍ジャパンWBC敗退にふたつの要因
ホークス柳田 全力送球に工藤監督「あれは駄目」
中居正広がWBCの現場で“暗黙のルール”を破り記者たちから大ブーイング
元中日・谷沢健一氏の長女・順子さん WBC初優勝の米国をトレーナーとして支える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加