ホークス高田は200万増でサイン 工藤監督からの課題は「足を速くしろ」

ホークス高田は200万増でサイン 工藤監督からの課題は「足を速くしろ」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/12/05
No image

ソフトバンク・高田知季【写真:藤浦一都】

今季は58試合に出場して2本塁打

2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンクの高田知季内野手が5日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、200万円アップの2200万円で契約を更改した(金額は推定)。

昨季途中に左肩を脱臼し、手術を受けた高田。今季もリハビリからスタートし、地道に段階を踏んできた。6月13日に1軍に昇格し、そこから58試合に出場。114打数26安打の打率.228、2本の本塁打も放ち「リハビリが明けても1軍に上がれるか不安はありましたけど、1軍に呼んでもらって、チームの力になれたので最後まで上に入られたと思う」と語った。

来季でプロ6年目、28歳になる。チームから期待されているのは、二塁手でのレギュラー奪取。それは本人も自覚しており「開幕1軍を目指し、そこから結果を残してレギュラー、1つのポジションを勝ち取れるようにやっていきたい」と意気込んだ。

オフに掲げる課題は走力の向上だといい「秋のキャンプで監督から足を速くしろと言われたので、下半身中心にプレーに活かせる筋力作りをしたい。走り方が悪いみたいで。トレーニングの仕方も何個か教えていただいているので、それを継続していきたい」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
金本監督、藤浪&大山は東京五輪行ける レジェンドの前で堂々指名
プロ野球クローズアップ=2017年回顧(上)
楽天 2人目のオコエ獲り 今季3A24発、来週中にも合意へ
プロ野球クローズアップ=2017年回顧(下)
中心選手が続々、59人中47人が1軍でプレー 西武過去10年のドラフト査定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加