最新ランキングをチェックしよう
中国にとって大きなターニングポイントとなった1990年代と2000年代を描きたかった

中国にとって大きなターニングポイントとなった1990年代と2000年代を描きたかった

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/12

1997年、中国の田舎の工場街で起きた未解決連続殺人事件。犯人が見つからないことに苛立ちを隠しきれない工場の警備員グオウェイを軸に、90年代とゼロ年代、著しい経済成長で激動する中国の庶民生活を浮き彫りにした「迫り来る嵐」。これを手がけたのは、これが長編初監督とは思えない41歳の新鋭ドン・ユエ。ドラマ「項羽と劉邦 KING’S WAR」で人気上昇中のドアン・イーホンを主演に、見事なサスペンスを描きき

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
カンニング竹山 西日本豪雨での東京キー局批判の裏側語る「スタジオがすごく嫌な雰囲気に...」
【天才?】今にも動き出しそうなほどリアルな柴犬を描く画家を発見! できあがった絵に話しかけてみたところ...
松本人志は見抜いていた!?久本雅美が結婚できない理由
加藤浩次、TBSサッカー特番の企画に驚き「なぜなんだ!」 竹内涼真も頷く
銀座クラブママ証言「デキる男」の共通点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加