最新ランキングをチェックしよう
マイコプラズマ肺炎 過去10年で2番目

マイコプラズマ肺炎 過去10年で2番目

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/18

マイコプラズマという細菌が引き起こす肺炎「マイコプラズマ肺炎」が例年に比べて増え、過去10年で2番目の多さとなっている。

 国立感染症研究所によると、今月9日までの1週間に報告されたマイコプラズマ肺炎の患者数は1医療機関あたり1.33人で、過去10年で最も多かった2011年に次ぐ多さだった。

 マイコプラズマ肺炎は、初期症状は発熱や倦怠(けんたい)感、頭痛などで、その3日後から5日後に咳(せき

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スノーボードの男性2人不明 新潟県湯沢町
オーストラリア人女性ら行方不明 長野のスキー場
三浦九段の将棋ソフト“不正使用疑惑”、日本将棋連盟が第三委報告書をWeb公開
【報ステ】“共謀罪”法案...今国会で最大の対立法案
サムスン副会長に逮捕状請求、韓国財閥に一斉捜査で底なしの経済危機か...国家的機能不全も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加