マイコプラズマ肺炎 過去10年で2番目

マイコプラズマ肺炎 過去10年で2番目

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/18
No image

マイコプラズマという細菌が引き起こす肺炎「マイコプラズマ肺炎」が例年に比べて増え、過去10年で2番目の多さとなっている。

国立感染症研究所によると、今月9日までの1週間に報告されたマイコプラズマ肺炎の患者数は1医療機関あたり1.33人で、過去10年で最も多かった2011年に次ぐ多さだった。

マイコプラズマ肺炎は、初期症状は発熱や倦怠(けんたい)感、頭痛などで、その3日後から5日後に咳(せき)が始まることが多く、熱が下がった後も1か月ほど続く場合があるという。

また、重症化することもあるため、厚生労働省は手洗いやうがい、マスクの着用を徹底して予防するよう呼びかけている。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
【報ステ】18歳少年の全裸遺体 多摩川で見つかる
2歳の女児救った複数の奇跡
発覚恐れ救急車を呼ばず 千葉大医学部“集団強姦”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加