「8年育てたサボテンが...驚くほどスリムに育った」サボテンとは思えない写真

「8年育てたサボテンが…驚くほどスリムに育った」サボテンとは思えない写真

  • らばQ
  • 更新日:2016/11/30
No image

サボテンは、丸かったり、細長かったり、枝分かれしていたりと、形もさまざまですが、普通に育てたら8年後に信じられないほどスリムなったという人がいました。

写真をご覧ください。

My 8 year old cactus is really skinny

No image

細っ!

長っ!

No image

途中は折れそうなほど細いところもあり、自重で立っているのが不思議なほど。

信じられないほどスリムなサボテンですが、この形になったのにも理由がありました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●これは本当にヘビじゃなくてサボテン?

●しっかり太陽に当ててないんだ。

↑それは正しい。全く同じことがうちのサボテンにも起こった。そんなに高くはないけど光が不足してるね。

↑窓の横? それに入れ物もナイスじゃない。

↑全部の窓で同じ量の光が当たるわけではない。北半球では南を向いている窓が一番光が当たる。その次が西、そして東、それから北だ。サボテンはかなりたくさんの日の光が必要。
おそらくそのプラントは同じ場所に8年くらいあって、サバイバルのため必死で日の当たる場所を目指しているんだ。

●あまり健康的なサボテンじゃないな。とにかく日に当たろうとしている。上のほうの太さが違うだろう?
トップが通常の成長が始まるところだ。もし南向きの窓に置いてあげられるなら、直射日光が当たるのでベスト。次が西向きの窓。サボテンはとにかく日光がいる。普通の人がインドアであげられる量よりもね。
一番上の部分をきれいなナイフで切断するとよい。日当たりのいいところでその切断した部分を固くなるまで乾かすとよい。そして湿った土に植え、日当たりの良い場所に置く。夏は週に1回水をやり、冬は全くやらなくてよい。

↑(投稿者)ありがとう。役に立ったよ。

●年に一回しか水をやってないのか。

↑(投稿者)だいたい年に2回。

なるほど、光の不足によってこんな風に育ってしまったようです。

種類にもよるとは思いますが、サボテンを育てる時は、光のよく当たる場所に置いておくと良いそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
他人のお尻を洗った「温水洗浄便座」......衛生面を専門家が解説!
ムリ言わないでよっ!カレシに求められた「不可能なエッチ」3つ
オモシロすぎる!実在の高校名ランキング 3位「飯田OIDE長姫高等学校」
マジ!? 風邪をひきやすいのは●●しやすい人!!
【けしからん】美人だが、あまりに攻めた格好で授業どころではない教師が話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加