懸賞申し込み、昨年を上回る 休場に伴う取りやめなければ最多更新の可能性

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/13

日本相撲協会の担当者によると、初場所にかけられた懸賞の申し込みは2239本で、昨年初場所の約1850本を上回った。休場に伴う取りやめがなければ、最も多かった昨年夏場所の2153本を更新する可能性がある。

昨年11月以降、元日馬富士の傷害事件が表面化して、申し込みの控えも心配されたが、それを理由とした取りやめもなかったという。力士を指定する懸賞では、4場所連続休場から再起を期す横綱稀勢の里が最多(本数は非公表)だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
波乱!稀勢の里3敗、白鵬2敗、鶴竜4連勝 初場所
御嶽海、納得せず=大相撲初場所
相撲協会は伝統に「あぐら」をかいている
御嶽海、貴景勝下し4連勝も満足せず「最後終わってみないとわからない」/初場所
豪栄道、納得の4連勝=大相撲初場所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加