最新ランキングをチェックしよう
セブン&アイ、混迷深まる...鈴木前会長の肝いり戦略を否定、コンビニも圧倒的強さ消失

セブン&アイ、混迷深まる...鈴木前会長の肝いり戦略を否定、コンビニも圧倒的強さ消失

  • Business Journal
  • 更新日:2016/10/20

セブン&アイ・ホールディングスが百貨店事業を大幅に縮小し、関西圏から事実上、撤退する。そごう神戸店、そごう西神店、西武高槻店の3店を、阪急阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングに譲渡する。セブン&アイとH2Oは資本業務提携し、相互に57億円分の株式を持ち合う。セブン&アイはH2Oの発行済み株式の3%、H2Oはセブン&アイ株式の0.1%程度を取得する。そごう神戸店などの譲渡金額

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【朗報】大人気ルマンドアイスが販売エリアを拡大!長野・山梨を加え計6県で入手可能に
負債11億...神田神保町の老舗「芳賀書店」の社長に21歳で就任した三代目。まず始めたことは身内を切ること
セブンイレブン コーヒーマシン刷新 入れ替え特需発生!?
JINS、メガネの価格設定を変更 上級モデルは1万円超
独自路線行くMVNO、mineoが新施策を発表
ITmedia ビジネスオンライン

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加