最新ランキングをチェックしよう
セブン&アイ、混迷深まる...鈴木前会長の肝いり戦略を否定、コンビニも圧倒的強さ消失

セブン&アイ、混迷深まる...鈴木前会長の肝いり戦略を否定、コンビニも圧倒的強さ消失

  • Business Journal
  • 更新日:2016/10/20

セブン&アイ・ホールディングスが百貨店事業を大幅に縮小し、関西圏から事実上、撤退する。そごう神戸店、そごう西神店、西武高槻店の3店を、阪急阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングに譲渡する。セブン&アイとH2Oは資本業務提携し、相互に57億円分の株式を持ち合う。セブン&アイはH2Oの発行済み株式の3%、H2Oはセブン&アイ株式の0.1%程度を取得する。そごう神戸店などの譲渡金額

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
全日空、羽田発着枠優遇の「隠れた政府援助」で巨額利益...でも日航との不公平を訴え
1位はあの街 日本を面白くする「イノベーティブシティ」ベスト10
4枚の三角形で作った自転車「NoBike」...製造工程から溶接を排除
子供の頃の夢を現実に! 新車同様にレストアされた1972年型トヨタ「ランドクルーザー FJ40」
レクサス欧州HV販売2%減...NX と IS は増加 第1四半期
  • このエントリーをはてなブックマークに追加