「常に残留を望んでいた」 ヴェンゲル監督が好調のFWウォルコットを称賛

「常に残留を望んでいた」 ヴェンゲル監督が好調のFWウォルコットを称賛

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/10/20
No image

15日のスウォンジー戦で2ゴールを挙げたウォルコット [写真]=Getty Images

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、イングランド代表FWセオ・ウォルコットを称賛した。19日付けのイギリス紙『ロンドン・イヴニング・スタンダード』が報じている。

ウォルコットは今シーズン、公式戦9試合で7ゴールを挙げるなど得点を量産しており、15日のプレミアリーグ第8節スウォンジー戦でも2点を叩き込んでチームの勝利に貢献。昨シーズンの低調なパフォーマンスから今夏には移籍も囁かれていたが、新シーズンが開幕すると攻撃陣の核として活躍している。

ヴェンゲル監督はウォルコットについて「私は常に彼の残留を望んでいたんだ」と、以前から同選手への信頼が揺らいでいないことを主張した。その上で「より自由にプレーするようになってから、彼はこれまでより感情を押し出すようになって、“これはできるだろうか、できないだろうか”なんてことは考えなくなったと思う」と、余計な思考を減らしたことが好調の鍵となっているとコメント。攻撃陣を牽引する活躍に、指揮官も満足しているようだ。

リーグ6連勝と好調を維持するアーセナルは、19日にUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節でルドゴレツ(ブルガリア)と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FKで逆転弾の起点となった本田、伊メディアは及第点「左サイドで役に立った」
ラウドルップの英クラブ解任は”汚職疑惑”によるものだったと暴露
リバプール 技術で逆転負け
ペップ 元教え子セスクを無視
本田のFKからラパドゥーラが決勝点...ミランが昇格組相手に辛くも逆転勝ち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加