コウチーニョ放出 過去に前例

コウチーニョ放出 過去に前例

  • スポルト
  • 更新日:2017/08/12
No image

すでにトーレスとスアレスの移籍という前例がある

リバプールは公式にフィリペ・コウチーニョをFCバルセロナもしくはその他のチームに売却する気はなく、アンフィールドでのプレーを続けるという声明を公式に出している。しかし、これまでに主力売却の前例はある。

【関連記事:リバプール 異例の公式発表】

その1人にルイス・スアレスがおり、現在バルサでプレーしている。スアレスは2013年にアーセナルが興味を示した際は「スアレスは売却しない。リバプールは彼が契約を満了することを望んでいる」とtwitterに投稿している。

結果的にスアレスはその夏はアンフィールドを離れることはなかったものの、2013年12月にリバプールとの契約を2018年6月まで更新している。しかし、2014年夏に状況は変わり、同選手が移籍を望むことはなかったものの、リバプールは交渉の末、バルサにスアレスを8,100万ユーロ(約104億円)で引き渡した。

スアレスの他にもフェルナンド・トーレスが同じようにリバプールからチェルシーに移籍している。トーレスの場合も「トーレスは売りものではない」とリバプール側は主張したものの、「トーレスが移籍を求めている」とし、最終的に2011年1月に移籍金5,880万ユーロ(約76億円)という当時6番目に高い金額でチェルシーへの移籍を許している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コスタの獲得 絶対条件は謝罪
「アツトに心からの感謝を」内田篤人、7年過ごしたシャルケに別れ
Cロナウドが怒り爆発。退場時スタンドめがけ「そうやってお前らは...」
中村俊輔が振り返る自身の転機――ドイツW杯で突き付けられた力不足、そしてセルティックとの幸福な関係
内田篤人の移籍容認は苦渋の決断...シャルケSD「簡単ではなかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加