2試合で勝ち点1、下降気味のチームにも前向きのマンC・ペップ「やり方は変えない」

2試合で勝ち点1、下降気味のチームにも前向きのマンC・ペップ「やり方は変えない」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/10/18
No image

マンチェスター・シティのジョセップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】

この直近2試合で獲得した勝ち点が1と小休止気味のマンチェスター・シティ。それでも、ジョセップ・グアルディオラ監督は「我々のやり方を変えることはない」と語っている。15日、スペイン紙『アス』が報じている。

2度のPK失敗という予期せぬ事も起き、ホームでエバートンと1-1のドローに終わったシティ。グアルディオラ監督は「フラストレーションはない。良く守ったエバートンを称賛したい。勝利に値していただけに、選手たちが可哀そうだ。いいプレーができなくても勝つことはあるが、反対に今日のようなこともある」と述べる。

そして「チームはいずれ判断が下されるだろうが、私は決してプレースタイルを変えようとは思わない。それが私が行う唯一の事だ。私のチームは私が望む形でプレーするのだ」と述べ、「学ぶ過程でミスを犯すものであり、そして我々はドローに終わったセルティック戦、敗れたトッテナム戦を通じてよりよくなっていくのだ。成長し前に進み続ける」と続ける。

そして、火曜日には古巣バルセロナとの戦いが控えている。「私は自分のキャリアを通して、攻撃が好きなチームと常に向き合ってきた。バルセロナはボールを支配してくると思う。私は彼らのスタイルが好きであり、前線には信じられないクオリティを持った3人の選手がいる。これが、彼らが毎年のようにチャンピオンズリーグのベスト4に進む理由なのだ」とコメントを残している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シャルケ内田、先発で復帰の可能性も...指揮官「準備ができている」
シャルケ内田のELメンバー入りが正式発表...1年9カ月ぶりの試合復帰へ
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
ジダン監督、レアルのトップチーム指揮が50試合到達...わずか2敗、勝率は?
<サッカー>中国クラブの熱視線は韓国人から日本人へ、日本代表主力3選手が中国移籍の可能性も―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加