【報ステ】尿検査で「がん」発見へ

【報ステ】尿検査で「がん」発見へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/04/17
No image

動画を見る(元記事へ)

日立製作所は尿を使って高い精度でがんを発見する技術を開発した。自宅で尿を採取して、検査センターに送るだけだという。子どもは採血を嫌がるため、小児がんでの活用も期待される。日立製作所研究開発グループ・坂入実チーフサイエンティストによると、見分けられるがんは、成人だと乳がん、大腸がん、胆道がん。小児がんだと神経芽腫、血液のがん、肉腫などだという。2020年代初めの実用化を目指している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
肥満が原因で発症する変形性関節症は体重増加ではなく高脂肪の食事が原因
4月21日 アポロ16号が月面に着陸(1960年)
虫歯の心配無用、人工細胞膜が矯正器具の汚れ防ぐ
秋田県能代市にあった知られざる宇宙への扉「能代ロケット実験場」
国家プロジェクトとしてのがん免疫療法の推進を!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加