豪栄道1敗キープ「前に出ることだけを考えていた」

豪栄道1敗キープ「前に出ることだけを考えていた」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

強烈な突き押しで正代(左)を攻める豪栄道(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇7日目◇16日◇両国国技館

豪栄道は鋭い立ち合いから突き押しを緩めず、前に出続け、正代を押し出した。

今場所1番とも言える内容で、1敗をキープ。「集中してできた。しっかり前に出ることだけを考えていた」。今場所と同じかど番だった昨年秋場所で全勝の初優勝を飾った。「昨年は昨年、今年は今年。まだまだ7日目。集中して自分の相撲をとれれば、結果はついてくると思う」と表情を緩めなかった。

◆八角理事長(元横綱北勝海)の話 豪栄道は落ち着いて足を前に出していた。勝ち越しが見えてだいぶ楽になったのでは。日馬富士はまだ、いつもの相撲ではない。張り手も必死さの表れ。精神的に、今までと何倍も苦しい中、取っている。

◆幕内後半戦の藤島審判長(元大関武双山)の話 豪栄道は今場所一番の会心の相撲で、優勝した時のような圧力があった。日馬富士は全力士の中で一番、プレッシャーを感じて取っている。大変だと思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
炎鵬 歴代4位タイのデビュー21連勝、三段目優勝決定戦へ
豪栄道、平幕に連敗で3敗目...V圏16人で史上初5敗優勝も/秋場所
日馬富士に自力V復活「1人横綱」覚悟が呼び込んだ
豪栄道金縛り状態「う~ん」動けずまさかの連敗失速
【玉ノ井親方・視点】豪栄道 また悪癖...引いて墓穴 攻めなきゃ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加