なぜ婚約指輪はダイヤが多いの? 彼女に話せる「指輪にまつわる豆知識」

なぜ婚約指輪はダイヤが多いの? 彼女に話せる「指輪にまつわる豆知識」

  • マイナビ学生の窓口
  • 更新日:2016/11/29
No image

早くも12月、恋人へのクリスマスプレゼントを用意している大学生も多いのでは? 指輪を贈ろうと考えている人も少なくはないでしょう。さまざまな指輪がありますが婚約指輪として「ダイヤの指輪」を贈る人が多いことは知っていましたか? 実際身に着けることが多い結婚指輪はシンプルなことが多いのに対して、きらりと光るダイヤの指輪。どうして婚約指輪にダイヤが用いられることが多いか知っていますか? 今回は婚約指輪の謎に迫ります。

■実は結婚指輪より、婚約指輪のほうが重要だった!

あなたにピッタリの恋人タイプ診断

現代では婚約指輪は婚約中にしかあまりつけず、結婚後に使うのは主に「結婚指輪」というカップルが多いと思いでしょう。そのため高価な婚約指輪は冠婚葬祭やパーティーなどのフォーマルな場でしかあまり使うことがなく、タンスの肥やしになりやすいという一面があります。
ただしこれは現代ならではな習慣のようで、昔は結婚指輪よりも婚約指輪の方が重い意味があったのだそう。婚約指輪の習慣は紀元前から始まったのに対し、結婚指輪が始まったのは11世紀頃からと言われています。それだけ昔の人にとって「結婚を約束する」という行為には重要な意味があったのかもしれませんね。婚約がそれだけ価値の重い行為なら、自然と婚約指輪に価値の高い宝石をあしらうようになったのも納得ですよね。今ではどちらかというと結婚指輪の存在に押されがちな婚約指輪ですが、本来は女性にとって最も重要な意味を持つアクセサリーなのかもしれません。

■ダイヤは天然の物の中で、最も硬い物質

ダイヤは天然物質の中でも最も硬い物質だということはよく知られています。それはダイヤを形づくる炭素の結晶構造が、対称性が高くゆがみがないため。非常に安定した形態をしているため力を加えても割れにくく壊れにくいのです。
またダイヤは光や薬品にも強い素材です。日光に長年さらされても品質が劣化しないため、アクセサリーとして常時身に着けるのに適した宝石だということがわかります。

このダイヤの強い性質からか、ダイヤの石言葉は「永遠の絆・純潔・不屈」。婚約指輪で永遠の愛を誓うカップルにダイヤが好まれるようになったのは、このダイヤの素材そのものの強さに愛の強さを重ね合わせたからではないでしょうか。

ダイヤの指輪が結婚を誓い合うカップルの間で交換されるようになったのは、「愛の証」や「絆」にダイヤのような強さを求める人たちが多かったため。正直、高価な宝石ではありますが婚約や結婚というセレモニーに、これほど似合う宝石はありません。ぜひこれから婚約指輪を選ぶなら「ダイヤの指輪」から選んでみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガッツイて見えない!「気になる男性とLINEを始める」きっかけ作りのコツ
えっ...実況中継!? エッチ好きがオススメする「ベッドでの裏ワザ」3つ
「モテない女」が居酒屋で頼むもの6つ
彼氏がいても手に入れたい...男性が「奪いたい!」と思う女性の特徴5つ
妻は閲覧注意!残業とウソをついて夫がしてることランキング衝撃1位は
  • このエントリーをはてなブックマークに追加