宇野昌磨、地元名古屋が平昌五輪につながる“栄光への舞台”になるか?

宇野昌磨、地元名古屋が平昌五輪につながる“栄光への舞台”になるか?

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/12/07
No image

グランプリファイナルで平昌へ弾みを付けたい宇野(写真:Getty images)

近年フィギュアスケート・男子シングルでは、ひとつのプログラムの中で跳ぶ4回転ジャンプの種類・本数が加速度的に増えている。平昌五輪シーズンである今季、ケガや演技中の危険を伴う失敗など様々な形でその過酷さが表面化しているが、宇野昌磨はその難しさに真正面から取り組み、シーズン前半を闘ってきた。

“4回転競争”の先頭集団に位置する宇野は、4回転をショートでは2本、フリーでは4本組み込んでいる。シーズン前には「今一番足りないものが体力」としていたが、同時に「体力をつけるというより、疲れているところで跳べるようにするのが重要になってくる」とも語っている。

「体力をつけるというと最後まで楽に滑る、というイメージなんですけど、僕はきつくてもその中で跳ぶ。(4回転)ループもフリップも、万全の状態じゃなくても跳べるようにしたい」

自己最高得点を更新した初戦のロンバルディア杯、そしてグランプリシリーズ初戦のカナダ大会では高い確率で4回転を成功させ、2試合とも合計点を300点代に乗せた宇野。高難度のプログラム構成が無謀ではないことを証明したが、「万全ではない状態でも4回転を成功させる」という課題の達成度が、思わぬ形で試されたのがグランプリシリーズ2戦目のフランス大会だった。

練習の虫として知られる宇野だが、カナダ大会後インフルエンザにかかり4日間寝込んでしまう。十分に準備できないまま臨むことになったフランス杯は大会後、「これ以上に辛い試合は今後一切ない」と口にするほど、宇野にとっては厳しい試合となった。しかし、苦しそうに滑りながらも、宇野はプログラムの構成を下げず攻める姿勢を貫く。結果としてはやはり本来の出来ではなく、ショートでは冒頭の4回転フリップ、フリーでは後半の4回転トゥループ、トリプルアクセルからの連続ジャンプで転倒。ただ、ショートでは4回転トゥループ-3回転トゥループ、またフリーでも冒頭の4回転ループ、2度目の4回転トゥループを成功させるなど粘り強さも見せている。

平昌五輪本番を考えても、シーズン前に宇野が言っていたとおり「ミスしなかったもの勝ち」になることが予想される。苦しい状態のまま臨んだフランス杯でも、耐えながら予定通りのジャンプに挑み2位に入ったことで、結果的に宇野は大きな自信を得たはずだ。

フランス杯での頑張りが、宇野に地元・名古屋で行われるグランプリファイナルの出場権をもたらした。平昌五輪前の世界大会では、トップ選手たちが出そろう最後の機会となるグランプリファイナル。2季連続で3位になっているファイナルで宇野が今回もメダルを獲得すれば、平昌での表彰台への視界が開けてくる。自分のスケートを磨き続ける宇野にとって、地元開催のファイナルが平昌五輪につながる栄光の舞台となるかもしれない。(文・沢田聡子)

●プロフィール

沢田聡子

1972年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤めながら、97年にライターとして活動を始める。2004年からフリー。シンクロナイズドスイミング、アイスホッケー、フィギュアスケート、ヨガ等を取材して雑誌やウェブに寄稿している。「SATOKO’s arena」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生不在のGPF2位、宇野昌磨を襲った「的外れなプレッシャー」
羽生結弦が異例連日談話、五輪選出確実もプラン再考
羽生結弦を元気づけたトロント住民からの“粋なサプライズ”
沙羅3位 W杯通算最多勝またもお預け、表彰台は今季2度目
難しすぎる!?フィギュアスケート採点方法の不思議
  • このエントリーをはてなブックマークに追加