三浦九段 将棋ソフト不正使用否定、出場停止処分に「一方的」と反論

三浦九段 将棋ソフト不正使用否定、出場停止処分に「一方的」と反論

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/19
No image

将棋の三浦弘行九段(42)が18日、コンピューターなどの将棋ソフトを不正使用したとされる疑惑について「これまで対局中にソフトを使用したことは一切ありません」と否定する声明を発表した。日本将棋連盟の出場停止などの処分には「ぬれぎぬの疑惑によるもので、適正な手続きによる処分とは到底言い難い」とした。

声明では、所有するスマートフォンやパソコンの全てのソフトを撮影した画像を連盟に提出したが、「精査せず一方的に処分を下した」と批判。

疑惑を持たれた理由については「対局中に離席が多く、指し手がコンピューターと一致する確率が高い」ことを挙げ、離席は「体を休めていた」と説明。

「多くのプロ棋士が局前の研究でソフトを用いており、私もソフトで対局前に研究している」と主張し、ある程度想定できる序中盤はもとより、終盤も最善手を指せば「ソフトと一致率が高い部分があったとしても不思議ではない」と訴えた。

一方で「連盟の調査に最大限協力する。疑惑が晴れると信じています」としている。

15日開幕の第29期竜王戦7番勝負は挑戦者に三浦九段が決まっていたが、出場停止処分を受けたため対局者が直前で変更される異例の事態となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GoogleがモバイルVRにこだわる理由。Daydream ViewとPixelを触ったらその意味がわかった!
年末のAmazon祭り! 「サイバーマンデーウィーク 2016」 6日からスタートです
マウス、LINEトークを活用したサポート窓口を開設
「アマゾンダッシュボタン」がニッポン上陸! ボタン押すだけで注文可能
時計にしか見えないスマートウォッチ「wana wrist」:Xperia周辺機器
  • このエントリーをはてなブックマークに追加