<コラム>朝鮮レア飯紀行、朝鮮大学校学食のクッパはなぜ絶品なのか?

<コラム>朝鮮レア飯紀行、朝鮮大学校学食のクッパはなぜ絶品なのか?

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2016/12/01
No image

11月12日に朝鮮大学校(東京都小平市)で行われた創立60周年記念国際シンポジウム「海外コリアンの民族教育と朝鮮大学校―歴史、その現在と未来と―」に招待された。写真は朝鮮大学校学食のクッパ。筆者撮影。

11月12日に朝鮮大学校(東京都小平市)で行われた創立60周年記念国際シンポジウム「海外コリアンの民族教育と朝鮮大学校―歴史、その現在と未来と―」に招待された。心配だったのは昼食。何度か朝鮮大学校には行ったことがあるが周辺に飲食店やコンビニが余りない。さてどうしようと考えていたら、学食の食券が支給された。実は日本人が朝鮮大学校の学食で食事をする機会はなかなかない。当日会った知己のある編集者も「私も何度か来たけれど学食は初めて」と話していた。

メニューはクッパとキムチ。白メシは白メシ、おかずはおかずで食べたい派の私はクッパは少し苦手。しかし一口食べてみるとたまらぬ旨さ。ただ辛いのではなく味に深みがあるのだ。調味料をバランスよく色々使っていることが素人にもわかる味。キムチも唐辛子以外の調味料がしっかり味を主張している。そして普段食べられない朝鮮大学校の学食で食べるレア感も趣味者にとっては極上のスパイス。あっという間に平らげてしまった。

朝鮮大学校OBに聞くと「おめでとうございます。クッパは当たりメニューです」と口をそろえる。全寮制の朝鮮大学校ではほとんど食事を学食でとる。他の当たりメニューを聞くと「一定の曜日の朝食に出るスパゲッティ」、「ビビンバ」など。一方でがっかりメニューもあり、知己のあるOB女性は「山菜うどん」をあげた。OB、OGたちの聞き込みによると、どうやら「外部のお客さんが来る場合クッパの確率が高い」ようだ。

朝鮮大学校の文化祭や朝鮮学校の公開授業の際に野外で食べる焼肉は別格(これについては別の機会に書きます)として、大当たりのクッパを食べたのは実は初めてではない。以前、ある朝鮮学校の公開授業の取材の際に食べたクッパも絶品だった。

朝鮮学校で食べるクッパがなぜ美味しいか。あるOBは話す。「作り手の立場でいうと大鍋で一気に作ることが出来てクッパは楽なのです。そして作り慣れている分、美味しくするコツも知っているのです」と話す。公開授業の際は焼肉店を経営する在日朝鮮人の方、つまりプロが給食室で作っていた。

秋は文化祭の季節。この時期に合わせて朝鮮大学校をはじめとする朝鮮学校でも公開授業やオープンキャンパスが行われる。機会があれば政治的な問題は一旦ノーサイドとしてぜひ行ってみてほしい。そしてクッパを見つけたら、四の五の言わず食べるべきである。

■筆者プロフィール:北岡裕
76年生まれ。東京在住。過去5回の訪朝経験を持つ。主な著作に「新聞・テレビが伝えなかった北朝鮮」。コラムを多数執筆しており、朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報」では異例の日本人の連載で話題を呼ぶ。講演や大学での特別講師、トークライブの経験も。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スタミナ満点!奈良ケンミン熱愛の天理ラーメン~秘密のケンミンSHOWから~
《食べれるのはいまだけ!》チキンマックナゲットの"NEWソース"が美味しすぎっ♡!
コンビニスイーツなのにフォトジェニックすぎ♡ 『ファミリーマート』の新ブランド「JewelrySweets」
あふれる品格で差をつける!都内人気式場で選ぶお墨付き手土産
「パパのお弁当はせかいいち。」 娘のために父が作り続けたお弁当

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加