アンバー・ハード、DV被害女性たちに「声を上げて!」と訴え

アンバー・ハード、DV被害女性たちに「声を上げて!」と訴え

  • シネマカフェ
  • 更新日:2016/12/01
No image

アンバー・ハード-(C)Getty Images

もっと画像を見る
「女性に対する暴力撤廃の国際デー」である11月25日(現地時間)、#GirlGazeProjectが製作したDV防止啓発動画にアンバー・ハードが“DV経験者”として出演した。

動画は「どうしてこんなことが私の身に? 私は強いし賢いのに!」というセリフで始まる。「多くの女性にとって起こっていることなのよ。扉が閉まった家の中で、あなたが愛する人から(DVを受けたら)複雑よね。それが全くの他人によるものなら話は簡単なのに!」と家庭内や親密な関係の人との間で起こる暴力に対して声を上げることが、いかに難しいかを説いている。

アンバーは誰からDVを受けたということは明かさないが、「私は公の舞台でDVを切り抜けたという特殊な体験者だからこそ、女性に一人で悩む必要はない、あなたたちは一人じゃないと伝えることができる」と発言。この発言には、離婚訴訟中に後に取り下げるも「ジョニーからDVを受けた」と主張し、アンバーの撮影によるジョニーの暴力的な動画が流出した過去を誰もが思い出すのではないだろうか。

「私には信頼できる人たちがいてくれたけど、いなかったらどんな人生になっていたか…」と涙ながらに語るアンバー。「声を上げて立ち上がるのよ。あなたの声には影響力がある。もうだまっているのを認めるのは止めましょう!」と被害を受けている女性に呼び掛けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
高畑充希が坂口健太郎との交際を隠しきれなかった「2つ理由」
上戸彩が激ヤセでネット民驚愕 「かわいいマチャミ」という例えも
成宮寛貴「深夜にお菓子男子したった」疑惑→知育菓子14種集めて調査してみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加