ダイハツ タント、新開発のスマートアシストIIIを初搭載

ダイハツ タント、新開発のスマートアシストIIIを初搭載

  • レスポンス
  • 更新日:2016/11/30
No image

ダイハツは、軽乗用車『タント』、軽福祉車両『タント スローパー』『タント ウェルカムシート』を一部改良し、11月30日から販売を開始した。

今回の一部改良では、ダイハツ独自の衝突回避支援システムを進化させた「スマートアシストIII」を初めて搭載するなど、安全性能を進化させるとともに、使い勝手を向上させた。

安全性能については、スマートアシストIIIの搭載に加え、リヤ2か所のソナーセンサーで死角となる左右後方の障害物を検知し、ブザー音で運転手に警告する「コーナーセンサー」を搭載。使い勝手については、パワースライドドアに予約ロック機能を追加、パワーモード切替ステアリングスイッチ「Dアシスト」を全車標準装備とした。福祉車両についても、スマートアシストIIIを搭載するなど、タントと同様に安全性能と使い勝手を向上させた。

価格は据え置きで、タントが122万0400円から187万3800円。福祉車両は143万円から186万円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
飛行機から撮影された「雲を突き抜ける謎のポール」! 高さ1400メートル以上、月と地球を繋ぐコードか?
ショルダー、トート、リュックで使えるMA-1素材の3WAYビジネストート
部屋にごちゃつくケーブルは隠してスッキリ&安全に
Bluetoothスピーカーでヤバい音声が流れる悲劇を回避する方法
ASUS、ZenBook誕生5周年記念の13.3型ノートを100台限定販売 - 税別約6万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加