カーナビアプリを活用した観光周遊アップ事業、ナビタイム×KNTが奥越前で開始

カーナビアプリを活用した観光周遊アップ事業、ナビタイム×KNTが奥越前で開始

  • レスポンス
  • 更新日:2019/10/10
No image

大野・勝山・永平寺周遊チェックインラリー

もっと画像を見る
ナビタイムジャパンと近畿日本ツーリスト(KNT)中部は、福井県立恐竜博物館がある奥越前「大野・勝山・永平寺エリア」 観光周遊アップ事業の施策を10月10日より実施する。

今回の取り組みは、KNT中部が受託した福井県2市1町連携事業「大野・勝山・永平寺観光周遊アップ事業」の一環として実施するもの。福井県立恐竜博物館がGWや夏休み・秋の連休に混雑することに着目し、同博物館へ訪れる観光客に向けてカーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」を活用したチェックインラリーやクーポン配信などでエリア内の周遊促進と回遊性や滞在率の向上を図る。

今回の取り組みでKNT中部は、当該エリアの観光素材の発掘と磨き上げとともにWEB媒体を中心に情報発信を行い、エリア滞在時間を拡大する着地型観光商品の開発・造成・販売を実施。また、観光ガイダンス、チェックインラリーやクーポン情報などの観光コンテンツをナビタイムジャパンと共有する。

一方ナビタイムジャパンは、NAVITIMEドライブサポーターにて、新たに「大野/勝山/永平寺観光モード」を提供開始する。また、10月10日から11月25日の期間中、「大野・勝山・永平寺周遊チェックインラリー」を実施。 「歴史やお寺の雰囲気をしっとりとめぐるコース」か「小さな子どもから大人までたのしめるコース」のどちらかを選択し、指定の5スポット全てにチェックインした先着500名に大野・勝山・永平寺各地のおみやげをプレゼントする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産スカイラインへの称賛鳴りやまず...想像もしなかった“売れ方”をしている
増税対策でみんなが活用しているアプリランキング、3位Google Pay、2位Kyash、1位は?
小島健輔が絶句「百貨店は終わった!」
レクサス LCコンバーチブル、市販モデルをスクープ!価格は1500万円クラスか
いきなり!ステーキ、売上35%減の大ピンチ。業績悪化3つの敗因
  • このエントリーをはてなブックマークに追加