日本文理、序盤に2本塁打など猛攻! 鳴門渦潮は追い上げ及ばず

日本文理、序盤に2本塁打など猛攻! 鳴門渦潮は追い上げ及ばず

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

第99回全国高校野球選手権大会第5日第2試合(日本文理9-5鳴門渦潮、12日、甲子園)第2試合は、3年ぶり9度目出場の日本文理(新潟)と9年ぶり7度目の鳴門渦潮(徳島)が対戦。日本文理が一、二回に計2本塁打などで7点を奪い、9-5で鳴門渦潮を下した。

1回戦最後の試合。日本文理が序盤から快音を響かせた。一回一死一塁で3番・川村が左中間へ2点本塁打を放ち先制。二回は一死一、二塁で川村の2点二塁打、松木の適時二塁打で3点を加えると、さらに二死三塁から笠原が中越えの2点本塁打を放ち、一気に5点。終盤八回に3長短打を集中させて2点。試合を優位に進めた。

投手は鈴木、新谷、稲垣と3投手のリレーで鳴門渦潮の反撃を断った。四回途中から登板したエース・稲垣は八回に無死満塁のピンチを招いたが、最少失点で切り抜けた。

鳴門渦潮は三回に2点、四回に1点と中盤までに3点を奪い反撃に出たが、一、二回で失った7点が最後まで響いた。先発した河野が1回2/3を7失点で降板したのも誤算だった。

No image

1回、2点本塁打を放った日本文理・川村=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
阪神投手陣非常事態...ドリスが体調不良で欠場、緊急降板の小野は抹消も
藤井四段、最大派閥への連勝「7」に フィーバー再燃の予感
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
東京学館船橋vs県立船橋
高校野球ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加