バレンタインには銀行に愛を預け入れ、スロバキアの「愛の震源地」

バレンタインには銀行に愛を預け入れ、スロバキアの「愛の震源地」

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/02/14
No image

スロバキアのバンスカーシュチャブニツァにある「愛の震源地」を訪れ、「愛の銀行」の中で写真を撮るカップル(2018年2月3日撮影)。

【AFP=時事】中世の香り漂うスロバキアの小さな町では、カップルたちがバレンタインデーの到来を待ち構えている。愛の物語のためにささげられた場所に、2人のロマンスを「預金」するのだ。

スロバキアの詩人アンドレイ・スラドコビッチがマリーナ・ピシュロワとの実らぬ愛をつづった世界一長い愛の詩「マリーナ」。1844年に書かれたもので、2900行にもおよぶ。

かつて銀鉱で栄えた町バンスカーシュチャブニツァのマリーナが暮らしていた家は今、「愛の震源地」として知られ、スラドコビッチの詩に着想を得た展示が行われている。

展示の目玉は「愛の銀行」で、これを目当てに訪れるカップルも多い。

家の地下にある長いトンネルは、10万個の小さな引き出しのついたアーチ形の空間につくり変えられ、引き出しの一つ一つに詩の原文の文字やスペース、句読点などがあてがわれている。

恋人たちはその引き出しに恋愛の記念品を保管することができるが、その機会は年に数回しかなく、バレンタインデーがその一つだ。

展示を企画したNGOの広報担当者、カタリーナ・ヤボルスカさんは、「大胆で野心的な企画だという人もいる。けれど、ロミオとジュリエットという架空のカップルのバルコニーを見るために何百万人もの人がベローナへ行きたがるのだから、真の愛の物語を追体験するために、この愛の震源地を多くの人が訪れると信じている」と話した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「シリコンバレーが世の終末を引き起こす」ことを「楽観主義者」のビル・ゲイツさえ危惧している
超高速輸送「ハイパーループ」、インドで建設へ 数年内に試験
ラブドールを抱いたままミイラ化した哀れな独身男! ロシア孤独死の闇... 爆乳“自家製ガールフレンド”に抱かれながら...
悪名高きギャングが看護師を誘拐し貧しい人々に予防接種をさせるという事件(ブラジル)
「オバマが美人だ!」「プーチンは...」大統領や首相の顔写真をアプリで女性化したら→こうなった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加