生命保険を使った節税対策。相続税ではなく、一時所得による節税の仕方。その1

生命保険を使った節税対策。相続税ではなく、一時所得による節税の仕方。その1

  • ファイナンシャルフィールド
  • 更新日:2021/11/25
No image

相続における生命保険の活用の仕方

相続における生命保険の活用の仕方には次の2通りがあります。

【方法A】

保険契約者・保険料負担者:被相続人被保険者:被相続人保険金受取人:相続人生命保険金への課税の方法:相続税

【方法B】

保険契約者・保険料負担者:相続人被保険者:被相続人保険金受取人:相続人生命保険金への課税の方法:所得税(一時所得)

方法Aと方法Bの違いは、「保険契約者・保険料負担者」と「生命保険金への課税の方法」の部分です。方法Aでは、被相続人が保険料を負担するので、保険金は相続財産に含まれ、受取人である相続人に相続税が課税されます。方法Bでは相続人が保険料を負担し、保険金を受け取るので、相続とは切り離されます。この場合、保険金は相続人の一時所得と見なされ、所得税が課されます。両者とも保険料を支払い、被相続人の死亡によって相続人が保険金を受け取るという点では同じです。しかし、保険料負担者の違いにより、生命保険金への課税方式が異なるので、節税効果が違ってきます。その違いを十分に認識した上で、節税対策上、どちらが有利なのかを判断する必要があります。

具体例に基づいて両者の違いを検証

それでは次の事例に基づいて、両者の違いを検証してみましょう。

【事例】

被相続人:父相続人:長男、次男 計2人

【方法A】

No image

保険金1億円の生命保険(終身保険)の保険料を被相続人が負担し、相続人のどちらか1人が保険金を受け取ります。被相続人の保険料負担は、年当たり310万円で、10年続けるものとします。その場合の保険金に関する相続税額を求めてみます。※筆者作成

【方法B】

No image

保険金1億円の生命保険(終身保険)の保険料を相続人が支払い、保険料を負担した相続人が保険金を受け取ります。ただし、相続人は保険料を支払うだけの資力がなく、保険料は被相続人が相続人に毎年贈与するものとします。贈与額は年当たり310万円で、贈与の期間は10年、贈与税および相続開始前3年以内の贈与財産の加算の措置も取ることと仮定します。その場合の保険金に関する税額を求めてみます。※筆者作成

方法Aと方法Bの節税額の違い

上記のとおり、方法Bを採用した方が、2698万5350円節税できることがわかります。

方法Aの税額合計:4950万円方法Bの税額合計:2251万4650円節税効果の差:2698万5350円

結論は、被相続人が相続人に保険料を贈与し、保険料負担者を相続人にした方法Bの方が、節税効果が大きいということになります。次回「その2」では、このようなことがなぜ起きるのかについて説明したいと思います。執筆者:浦上登サマーアロー・コンサルティング代表 CFP ファイナンシャルプランナー

執筆者 : 浦上登

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加