移動オフィスからソロキャンプまで使い倒せる軽EVコンセプトカー「MiniCAB MiEV B-Leisure Style」【東京オートサロン2022】

移動オフィスからソロキャンプまで使い倒せる軽EVコンセプトカー「MiniCAB MiEV B-Leisure Style」【東京オートサロン2022】

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/01/14

■「ミーブ・パワーボックス」で家電も使用できる

世界初の量産EVであるi-MiEV(アイミーブ)を世に送り出した三菱自動車

以前お伝えしたように、日産との合弁会社NMKVが企画、開発を手がけた新型軽EVのコンセプトカー「K-EV concept X Style」が東京オートサロン2022のブース中央の目立つ場所に展示されています。

No image

「MiniCAB MiEV B-Leisure Style」のイメージ

2022年1月14日現在、軽商用EVのミニキャブ・ミーブは、ホームページでは一時販売を中断していると掲載されているものの、カタログモデルであり、唯一の軽EVです。

No image

「MiniCAB MiEV B-Leisure Style」」のキャンプイメージ

そのミニキャブ・ミーブをベースとした「MiniCAB MiEV B-Leisure Style」は、ここ数年注目されているノマドやリモートワークなど、コロナ禍もあって新しい仕事スタイル、カーライフスタイルを提案するモデル。

近年のキャンプブームにも対応するコンセプトカーといえそうです。

広大なリヤスペースで仕事ができる

平日は、移動式オフィスとして好きな場所で仕事に集中し、オフタイムは流行のソロキャンプまでエンジョイできる仕様。

EVのメリットである給電機能を活かし多様な家電も使えるため、プライベートからビジネスまでストレスフリーで楽しめます。

ボディは、トレンドのアース系カラーで森林やキャンプ場をイメージさせる「モスグリーン」と「アイボリー」のルーフカラーによる2トーンでペイントされています。

No image

ボディサイドのデカール

ボディサイドには、EVであることを印象づける電源プラグやテント、デスクのデカールが用意されていて、世界観が表現されています。

さらにブースでは、カーサイドタープやキャンプ用テーブル、ソファなどのキャンプ用品が配されていて、オシャレなアウトドアスタイルとして提案。

また、後席から後ろをフルフラット化して快適なキャビンにすることで、テレワークに必要なテーブルや座椅子、ラグマットなどを装備。走る仕事場として、プライベートな空間として使えるようになっています。

No image

駆動用バッテリーの電力を利用できる装置「ミーブ・パワーボックス」を使ったキャンプスタイル

駆動用バッテリーの電力を利用できる装置「ミーブ・パワーボックス」を使うことで、電気ケトルやコーヒーメーカー、パソコンなどの電化製品を屋外でも使えるのもEVの利点です。

仕事からプライベートの足や過ごす場所としてだけでなく、災害時の避難場所としても使えそうな「ミニキャブ・ミーブ B-Leisure Style」。現在のニーズからしてもコンセプトカーで終わってしまっては惜しいモデルになっていて、コンプリートカーとして市販されればより注目を集めそうです。

No image

ディーラーオプションの「MiEV power BOX」を使って家電などへの給電が可能

(文/塚田勝弘写真/塚田勝弘、三菱自動車)

【車輌データ】

出展者名:株式会社三菱自動車

出展車両名:MiniCAB MiEV B-Leisure Style/ベース車両:三菱ミニキャブ・ミーブ/モーター:YA1/モーター出力:30kW/モータートルク:196Nm/装着パーツなど:MiEV power BOX 1500W電源供給装置、ベースキャリア、ルーフキャリアアタッチメント、クラリオン 2DIN-6.2型スマートフォン連携ディスプレイユニット(マップルナビ) ボディカラー:モスグリーン/アイボリー/タイヤ:YOKOHAMA Y811M/タイヤサイズ:145R12

あわせて読みたい

ラリーアートお馴染みのレッドのエンブレムやアクセントカラーを配したエクリプス クロスPHEV ラリーアート・スタイルに注目!【東京オートサロン2022】

ヤマハ発動機がSTIが開発中の近未来モータースポーツEV・スバル「STI E-RA」にモーターユニットを提供【東京オートサロン2022】

東京オートサロン2022クリガールズ結成!日本レースクイーン大賞2019クリッカー賞受賞の永原芽衣らオートサロン応援隊が誕生!!【東京オートサロン2022】

ダイハツはアトレー&ハイゼット推し!軽自動車の無限の楽しさを実感【東京オートサロン2022】

アルピーヌは6点式ベルト取付用アダプターを標準装備するピュアスポーツカーからF1マシンまでを展示【東京オートサロン2022】

塚田勝弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加