スバル新型ヘリの高機動っぷりがスゴイ! UH-2「ハヤブサ」 UH-1Jと見た目ほぼ同じ 何が違う?

スバル新型ヘリの高機動っぷりがスゴイ! UH-2「ハヤブサ」 UH-1Jと見た目ほぼ同じ 何が違う?

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2022/11/25

陸自が待ち望んだ新型ヘリコプター

2022年11月13日(日)、三重県にある陸上自衛隊明野駐屯地で記念行事が行われました。新型コロナの影響で3年振りの開催となりましたが、今回は新顔が加わったため、例年よりも注目を集めていました。それが陸上自衛隊の次世代多用途ヘリコプターUH-2「ハヤブサ」です。

No image

雨が降る記念行事のなか、展示されたUH-2「ハヤブサ」(布留川 司撮影)。

UH-2は日本のSUBARU(旧富士重工業)とアメリカのベル・ヘリコプターが共同開発した機体で、2022年5月に量産初号機が初飛行したばかりの最新型。その最初の配備先となったのが、明野駐屯地でした。ここには陸上自衛隊のパイロットを教育する航空学校と、航空機に関わる実験や試験を行う飛行実験隊が所在しており、新型機UH-2は、この地で新人パイロットの育成と運用ノウハウの習得が進められることになります。

明野駐屯地のルーキーとして披露されたUH-2は、飛ぶ姿も披露して存在をアピールしていました。最初に行われた祝賀飛行では、明野駐屯地の既存機と編隊を組んで上空を飛んだほか、機体ごとに行う飛行展示にも参加。そこでは次世代機としての性能をアピールするようなアクロバティックな飛び方を行い、既存のUH-1Jを上回る高性能の片りんを来場者に見せていました。

UH-2の原型は、陸上自衛隊のみならず世界各国で導入された大ベストセラー機であるUH-1「イロコイ」です。外見上ではUH-1とUH-2は極めてよく似ているため、その違いはパッと見、間違い探しに近いレベルともいえるかもしれません。しかし、飛行すると、その違いは誰の目にも明らかなほどで、UH-2の性能の高さを実感させてくれるものでした。

UH-1とUH-2の違いは?

UH-2は、まず駐屯地内の上空を緩やかに旋回し、その後に上空でホバリングを行ってナレーションとともに機体紹介がスタート。それが終わると上昇していき、そこから機首を下に向けて旋回しながら降下を開始。低空を加速しながら駆け抜けて会場左方向へと進むと、そこで機体を急激に引き起こし、45度程度(筆者の目算)で急上昇したのち、今度は機体を真横に反転させて急旋回して降下しながら加速。そして会場右手で高速のまま旋回すると、45度程度の急上昇と降下を連続で行いました。その動きはまるで生き物のようであり、素早く機敏なものでした。

No image

UH-2の機体上部のエンジンとローター周り。UH-1Jとの外見上の差異は、飛行性能の変化にも繋がっている(布留川 司撮影)。

UH-1と比べると大きく進化したUH-2の飛行性能。なぜ、ここまで違うのか、航空自衛隊で装備品開発などに関わっていた元自衛官のhalt氏に伺いました。

すると、機動性が上がった一番の理由はローターブレードの数が増えたからだといいます。

「UH-2とUH-1の大きな変更点は、エンジンが単発から双発になり安全性を向上させたのと、ローターブレードの数が2枚から4枚になって、ローターの直径が60cmほど短くなったことです。ブレードが増えると、空気を掻き下ろす面積が増えるため揚力が増大します。またローター径を小さくしたことで回転数もアップし、掻き下す空気の速度が速くなります。これによって機体の速度も上がります。今回、UH-2が飛行展示において急激な動きを行えたのも、速度に余裕があったのがひとつの理由だと考えます」

エンジンが2基になったメリットは?

ヘリコプターにとってローターは揚力や機体制御のキモとなる部分であり、その部分の改良は機体全体の性能に直結する重要なポイントといえるでしょう。しかし、単純にローターのブレードが増えることは、メリットだけでなくデメリットも生まれるそう。halt氏はその点に関しても次のように話してくれました。

No image

UH-2の飛行展示中に行った急上昇。その動きは明らかにUH-1と異なる(布留川 司撮影)。

「ローターブレード自体は回転する速度の二乗に比例して空気抵抗も増大します。抵抗が増えてもそれらブレードの回転数を下げることなく回し続けるにはエンジンのパワーが必要になってきます。UH-2ではそれを実現するために、エンジンを双発化したのでしょう。エンジンのパワーに余裕があると、回転数を低下させることなくローターを回すことが可能であり、姿勢変化のための揚力を生み出し続け、機体は小気味良く機動することが可能になります。また2基あるエンジンの出力をシンクロさせ、ローターに伝達するギアボックスを採用しているほか、増えたブレードを制御するためにUH-1と比べてローターマストが大きくなり形状も変わっているのが特徴です」。

UH-2とUH-1の外見上の一番の違いは、ローターブレードとその周辺のエンジンやローターマスト部分にあります。それら異なる部分が、機体性能にも影響を与えているというのは非常に面白いポイントといえるでしょう。

UH-2は機動性が良くなっただけではなく、飛行速度や最大積載量などもアップしており、既存のUH-1Jと比べて多用途ヘリコプターとしての能力があらゆる面で向上しています。そのため、UH-2の機数が増えることで、陸上自衛隊の活動も幅が広がることは間違いなさそうです。

【動画】初披露! UH-2「ハヤブサ」の高い機動性をムービーで

布留川 司(ルポライター・カメラマン)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加