阪神 1軍も経験の1年目・石井大、村上が更改 ともにアップも悔しさにじむ

阪神 1軍も経験の1年目・石井大、村上が更改 ともにアップも悔しさにじむ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/29
No image

契約更改を終え会見する阪神・石井大智(代表撮影)

阪神のプロ1年目・石井大智投手(24)と村上頌樹投手(23)が21日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、ともに年俸アップでサインした。(金額は推定)

石井は250万円アップの年俸800万円。今季は新人ながら開幕1軍をつかんだ。ただ、18試合に登板して0勝1敗、防御率6・23と思うような結果は残せず、シーズン最後は2軍で終えた。「シーズンを通して活躍することができなかったですし、新人4人で開幕1軍をつかんで、自分だけファームに落ちるというところで情けないというか」と悔しさをにじませる。「来年はずっと1軍にいられるように。最低30試合を目標に掲げてやっていこうと思ってます」と意気込んだ。

村上は30万円アップの年俸750万円。今季はウエスタン17試合で10勝、防御率2・23で投手3冠を獲得するなど活躍を見せた。だが、2度の1軍登板では結果を残すことができず「悔しいシーズンになりました」と唇をかんだ。「初勝利、ローテーション入りを目指して頑張っていきたい」と来季の巻き返しを誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加