ソフトバンク・周東が日本シリーズ初盗塁 巨人バッテリーの厳重警戒かいくぐり

ソフトバンク・周東が日本シリーズ初盗塁 巨人バッテリーの厳重警戒かいくぐり

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

8回、二盗を決める周東(撮影・高石航平)

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪)

ソフトバンク・周東が日本シリーズ初盗塁を決めた。

八回、先頭打者として四球を選び、この日初めての出塁。再三けん制するなど巨人バッテリーが警戒する中、次打者・中村の6球目にスタートを切ると、慌てた捕手の大城がボールつかみ損ねて二塁を陥れた。捕っていても完全セーフのタイミングで、50盗塁とパ・リーグ盗塁王の貫禄を見せつけた。

さらにこの後、中村の左前打で貴重な5点目のホームを踏んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加