東映会長の岡田裕介さん、急性大動脈解離で死去 71歳 俳優・プロデューサーとして活躍

東映会長の岡田裕介さん、急性大動脈解離で死去 71歳 俳優・プロデューサーとして活躍

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/11/20
No image

岡田裕介さん

東映会長の岡田裕介(本名剛=つよし)さんが18日午後10時58分、急性大動脈解離のため都内の病院で死去した。71歳。京都府出身。東映が20日、発表した。葬儀は近親者で執り行う。後日、お別れ会を予定している。

【写真】『実録三億円事件』『いのちの停車場』など…岡田裕介さん出演&プロデュース映画

岡田さんは1949年5月27日生まれ。1970年に『赤頭巾ちゃん気をつけて』庄司薫役で映画デビューし、76年の『吶喊』では主演兼プロデューサーを務めた。その後、プロデューサーとなり、高倉健さんと吉永小百合が共演した『動乱』(1980年)のほか、『天国の駅 HEAVEN STATION 』(1984年)『華の乱』(1988年)『きけ、わだつみの声』(1995年)などを手掛けた。2021年公開予定の『いのちの停車場』では陣頭指揮を執ったが、完成を待たずしての急逝となった。

1990年に東京撮影所長、2002年に社長、14年にグループ会長に就任した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加