ホームで勝てず16位に沈む仙台...ベテラン関口訓充がチームに求める「責任」「強度」

ホームで勝てず16位に沈む仙台...ベテラン関口訓充がチームに求める「責任」「強度」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/09/15
No image

持ち前のキレあるドリブルは健在。現状にも下を向くことなくポジティブに取り組むことを宣言した。写真:田中研治

No image

チームの現状に、より「責任」あるプレーを求めた関口。一つひとつのプレーに「強度」が必要とも述べた。写真:田中研治

仙台がなかなか勝てない。J1ではここ5試合勝利がなく、9月5日からの中3日3連戦は3連敗。開幕当初はショートパスをつないでゴールまで向かう形は作れており、勝てなくても内容は悪くない試合が続いていたが、この3連戦は悪い形でボールを失い、ポジションバランスが崩れているところにカウンターを受けて次々と失点するなど、厳しい内容の試合が続いている。

また、ホームゲームで勝てていない。9月13日の16節・大分戦も、相手が5試合未勝利だったこともあり、絶対に勝ちたい一戦だった。しかし、前半は相手に圧倒されて先制を許し、後半多少流れを取り戻すも得点が奪えず、相手の選手交代後カウンターを2発受けて0-3と完敗。木山隆之監督も「ホームでこんな不甲斐ない試合をして、本当にサポーターやファンの方に申し訳ない」と、選手と一緒に場内を一周し、サポーターに頭を下げるという異例の行動に出た。

こうした重苦しい雰囲気の試合の後、ZOOM会見の場に現われたのは、MF兵藤慎剛とともにチーム最年長で、2004年に高卒で加入し、クラブの歴史を知るベテランMF関口訓充だった。関口は一つひとつの質問を受けた後に考える時間を長く取り、熟慮の末質問に答えていた。

試合を振り返っての感想を聞かれると「やっぱり出ている選手がその試合に対しての責任感をもっと持って臨まないといけません。一つひとつの局面の強度を、『このくらいでいいや』とやれるほど僕たちは強いチームではないので、もっと強度を持ってやれたのではないかという感想です」と語る。
その後いろんな質問をしても「責任」と「強度」という言葉が出てくる。途中出場でピッチに立った思いを聞かれると「出ている選手として責任を感じますし、本当に勝てないのはサポーターに対して申し訳ないと思います」と試合中の具体的な思いよりも、結果に対する悔しさが先に出た。今、チームに必要なことを問われると「もう1回強度を持って局面局面でパワーを出さなければいけませんし、出ている選手は責任を持ってプレーしないといけないと思います」とやはり同じ内容、言葉が出てくる。一人ひとりが試合に出ることに対して責任を持つこと、そして、そうした責任感をプレー強度に表わすこと、二つのポイントに思いの強さを感じさせた。
現状、特定の選手同士のコンビネーションは良いものを見せられているが、チーム全体の共通意識が希薄で、バランスを崩す場面が多い。意思統一をどう図っていくべきかを問うと、「ミスは誰でも起こりますし、どうこう言うことでもありませんが、そのプレーに対して責任を持たないといけないので、周りの選手は一つひとつのプレーに対し、要求し合ってもっともっと高みを目指さないといけないと思います」と、より選手同士で要求し合うことが必要だという。この話でもやはり「責任」という言葉が出てきた。

関口は今必要なことを問われた際、こうも話した。
「負け続ければ監督の責任という話になりますが、ピッチに出ている選手がもっともっとプレーしないといけないと思います」

仙台は手倉森誠元監督(現・J2長崎監督)が6年続けた後、アーノルド元監督は4か月と短命に終わったが、その後を引き継いだ渡邉晋前監督が5年8か月と、長期にわたり同じ監督が指揮を執ることが多かった。その長期政権を引き継いだ木山監督は、さまざまな試行錯誤をしてきたが、攻撃面では良いパスワークを見せても得点が奪えず、守備面ではバランスを崩し大量失点する試合も多い。

これまでなら長きにわたる指揮を執ってきた指導者が何とかしてくれるという拠り所があったが、やはり長期政権後の難しさを感じさせる状況だ。こうした拠り所の無い状況下で関口の語る「責任」という言葉の持つ意味は重い。今はもう手倉森元監督にも渡邉前監督にも頼れない。そうした中で選手一人ひとりが自立し、一つひとつのプレーに責任を持つことの重要性を、クラブの歴史を知る関口は語っている。もちろん木山監督による戦術的な修正は必要な状況だが、監督に選手が依存するのではなく、選手一人ひとりも責任を持って日々の練習や試合に取り組むことが重要だ。
手倉森元監督退任後、アーノルド元監督の体制がうまくいかず、バトンを託された渡邉前監督は試行錯誤の結果、「立ち位置」という新たな概念を採り入れ、仙台の新しいスタイルを築いた。そして今、木山監督による新しいスタイルを模索する試行錯誤の苦しみを味わう時期に入った。新しいスタイルを築くためには、監督ひとりではなく、選手全員の力、そして新しい試みを理解し支えるサポーターの力も必要だ。

関口は次節までに取り戻したいことは何かを問われ、「勝てないと自信を持てず下を向くことが増えますが、僕は逆に上を向いてポジティブに今の現状を受け止めつつ、しっかり自分たちの力をつける時だと思うので、相手どうこうよりもこの1試合1試合どんな結果になろうとも下を向かずにやり続けることが大事だと思います」と語る。試行錯誤はこれからまだしばらくは続くだろう。そこでどこまでポジティブな気持ちを保って戦い続けることができるか。J2降格が無くさまざまなチャレンジができる今季、仙台に挽回の時間はまだ残されている。

取材・文●小林健志(フリーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加