「剣部隊」として名を馳せる、若きパイロットたちの活躍を描く「紫電改343」1巻

「剣部隊」として名を馳せる、若きパイロットたちの活躍を描く「紫電改343」1巻

  • コミックナタリー
  • 更新日:2020/11/20

須本壮一「紫電改343」1巻が、本日11月20日に発売された。

No image

「紫電改343」1巻

イブニング(講談社)にて連載中の同作は、日本の敗戦色濃い太平洋末期を舞台に、“撃墜王”の名で恐れられた男・菅野直を主人公にした戦記物語。第二〇一海軍航空隊戦闘三〇六飛行隊の分隊長として、その破天荒ぶりから隊員たちにも一目置かれていた菅野のもとに、大日本帝国海軍大佐の源田実が現れる。源田は「本土防衛の切り札」として、各地のエースパイロットを集めた超精鋭部隊の設立することを目論んでいた。ところが部隊の指揮を任せようと考えていた菅野には、特攻の命令が下されていて……。のちに伝説の航空部隊「剣部隊」として名を馳せる、勇猛無比な若きパイロットたちの活躍が描かれる。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加