「忍者に結婚は難しい」第4話あらすじ 内通者と疑いをかけられた音無(勝地涼)が姿を消し...

「忍者に結婚は難しい」第4話あらすじ 内通者と疑いをかけられた音無(勝地涼)が姿を消し...

  • iza!
  • 更新日:2023/01/25
No image

草刈蛍(菜々緒)(C)フジテレビ

女優の菜々緒が主演を務める連続ドラマ「忍者に結婚は難しい」(フジテレビ系)の第4話が26日、放送される。

原作は「ルパンの娘」シリーズなどで知られる横関大さんによる同名小説(講談社刊)。現代に生き永らえる“忍者の末裔(まつえい)”というコミカルな世界観の中で織りなす忍者×夫婦ラブコメディーだ。菜々緒の相手役を俳優の鈴木伸之が務める。

No image

草刈悟郎(鈴木伸之)(C)フジテレビ

薬剤師の草刈蛍(菜々緖)と郵便局員の悟郎(鈴木)は結婚して2年半になる夫婦。しかし、ラブラブだったのは新婚当初だけで、生活習慣や価値観の違いからささいなことで言い争うようになり、すでに離婚の危機に直面している。さらに2人にはそれぞれ“裏の顔”があり、蛍は甲賀忍者、悟郎は伊賀忍者という、日本の歴史の裏側で敵対を続けてきたとされるライバル忍者の末裔同士だった。

No image

(左から)草刈蛍(菜々緒)、草刈悟郎(鈴木伸之)(C)フジテレビ

すれ違いから2人は離婚することで同意し、ある日、蛍は甲賀忍者としてチャリティーイベントを狙った爆弾テロを阻止せよという指令を受けた。悟郎たち伊賀忍者もテロ阻止に動きだす甲賀者を捕らえよという命令が出され、一般参加者に怪しまれないよう、パーティーに家族同伴で出席する必要があった悟郎は恐る恐る蛍をこのイベントに誘った。蛍も会場への潜入方法に苦慮しており、この誘いに乗った。

イベント会場では蛍の妹、月乃雀(山本舞香)の活躍もあって爆弾テロの阻止に成功。ギリギリのところで雀が爆弾を宙に投げたことで参加者への被害はなかった。しかし、蛍は仕掛けられた爆弾が爆発する直前、悟郎が自分のことをかばったことを思い出し、悟郎も爆弾があることを知っていたのではないかと考え始めた。一方、悟郎は、蛍のカバンの中から爆弾を仕掛けた場所を記した地図を見つけ…。

急展開!互いに疑念を持った蛍と悟郎 「忍者に結婚は難しい」第4話あらすじ

大事には至らなかった爆弾テロだったが、この一件で蛍と悟郎は互いに対して疑念を持つように。ともに相手からさりげなく情報を引き出そうとする。

同じころ、伊賀忍者で悟郎の同僚である音無祐樹(勝地涼)は、報告書を提出するため自宅のリビングでイベント会場に設置した監視カメラの映像をチェックしていた。映像を見ていた音無は、何かに気づき、焦り始める。夫の様子がおかしいことに気づいた妻の恵美(筧美和子)は「今日の爆発のこと?」と声をかけたが、音無は「任務のことに口出しするな」と言い放って家を出ていってしまう。

No image

(左から)草刈悟郎(鈴木伸之)、宇良豹馬(藤原大祐)(C)フジテレビ

あくる日、郵便局に出勤した悟郎は、郵便局長で伊賀忍者でもある熊沢治(六角慎司)から、音無が本部からの呼び出しを無視し、姿を消したことを知らされる。伊賀の本部は、音無が第2の爆弾のことを知っていた1人であることから、彼が甲賀に爆弾のことを教えた内通者ではないかと疑っているらしい。

No image

音無恵美(筧美和子)(C)フジテレビ

一方、蛍のもとへは、家を出て行ったきり連絡が取れない夫のことを心配した恵美が娘の杏(河野彩吹)を連れて訪ねてきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加