アサヒビール、家庭用生ビールのサブスク「THE DRAFTERS」開始

アサヒビール、家庭用生ビールのサブスク「THE DRAFTERS」開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/04/07
No image

アサヒビールは4月7日、家庭用生ビールサービス「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」を5月25日から開始すると発表した。

コロナ禍からの解放に沸く米国、CDC指針をきっかけとした米国版”Go To”

同サービスは、同社が独自に開発した「本格泡リッチサーバー」を会員に貸し出し、「スーパードライ」(ミニ樽2L)を毎月2回、自宅に定期配送するもの。

貸し出しするビールサーバーは、業務用のサーバー開発で培った技術を活用し、クリーミーできめ細かい泡が抽出可能。ビールの抽出時は、通常の温度帯(4℃から6℃)の「スタンダードコールド・モード」と氷点下の温度帯(-2℃から0℃)の「エクストラコールド・モード」のいずれかを選べる。

料金は月額7980円で、追加発注する際は、「スーパードライ」(ミニ樽2L) 1本当たり1980円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加