ヤクルト オスナ満弾も粘り届かず...高津監督「反省するところが多かった」

ヤクルト オスナ満弾も粘り届かず...高津監督「反省するところが多かった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇セ・リーグ ヤクルト5―9巨人(2022年8月5日 神宮)

No image

<ヤ・巨>9回、満塁弾を放つオスナ(撮影・島崎忠彦)

ヤクルトは連勝が3で止まり、つば九郎の主催2000試合出場を白星で飾れなかった。

「反省するところが多かった」と高津監督。先発の小川は5回1/3を3失点で降板。打線は9回にオスナの満塁弾など粘ったが、2回1死からの19人連続凡退が響いた。指揮官は「(つば九郎は)長く一緒に戦ってきた仲間。勝って花を添えたかった。残念」と悔しがった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加