2度目の停戦も互いに「違反」非難 アルメニアとアゼルバイジャン

2度目の停戦も互いに「違反」非難 アルメニアとアゼルバイジャン

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/10/18
No image

アゼルバイジャン・ステパナケルトで、ナゴルノカラバフをめぐる戦闘により死亡した息子のひつぎの横で嘆く母親(2020年10月17日撮影)。

【AFP=時事】アルメニアとアゼルバイジャンの係争地ナゴルノカラバフをめぐる戦闘で、アルメニアは18日、2度目の「人道的停戦」にアゼルバイジャンが違反したと非難した。戦闘は数週間にわたり、両国で合わせて数百人の犠牲者が出ている。

アルメニア国防省報道官はツイッターに、18日午前0時(日本時間同5時)の停戦発効からわずか数分後、アゼルバイジャン側が砲弾とロケット弾を発射したと投稿した。

一方のアゼルバイジャン国防省も、「アルメニア軍は新たな停戦合意に著しく違反した」と発表し、同軍が四方から砲撃を行い、18日早朝に前線沿いで攻撃を開始したと非難した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加