20代の約半数がコロナ禍で「転職活動に影響があった」今後に向けたスキル習得の声も|株式会社学情調べ

20代の約半数がコロナ禍で「転職活動に影響があった」今後に向けたスキル習得の声も|株式会社学情調べ

  • U-NOTE
  • 更新日:2021/11/25

年収・賞与の減少や休業など、企業によってはワークスタイルの変化だけでなく、さまざまな面で新型コロナウイルスの影響を受けていることでしょう。そんな中、20代の転職や仕事選びにどのような変化があったのでしょうか。

株式会社学情は、20代の仕事観や転職意識をひも解くために、「コロナ禍での、転職活動への影響」に関するアンケート調査を実施し、結果を公開しました。

約半数が「転職・就職活動に変化・影響があった」と回答

No image

まずは、「新型コロナウイルスにより、転職・就職活動に変化がありましたか?」という質問を投げかけたところ、48.5%が「変化がある」と回答。約半数の人が新型コロナウイルスによって、転職・就職活動に変化・影響があったと感じているようです。

面接方法が対面ではなくオンラインに変更したり、説明会に参加できなかったりと今までと異なる転職・就職活動に戸惑ったという人も多いでしょう。

コロナ禍の影響トップは「テレワークの有無など働き方を意識するようになった」

No image

また新型コロナウイルスの影響による転職・就職活動で、具体的にどのような変化が生じたかを尋ねた結果、「テレワークの有無など働き方を意識するようになった」が最多。新型コロナウイルスの影響が落ち着いた後も、働き方に変化が出る可能性があることを見越した結果とも言えるでしょう。

またそれぞれの結果を見比べてみると、20代の中でも職歴がある人とない人によって、2番目に多い回答が異なる結果となりました。

特に社会人経験3年以上の20代(ヤングキャリア)の回答では、「スキルの習得を重視するようになった」が2番目に次ぐ結果に。コロナ禍によって、終身雇用が当たり前ではないことやスキルを身につけて自身の市場価値を高めることなど、景気の変動や雇用環境の変化に備える姿勢が見られます。

その一方で、職歴のない20代にとっては、「企業の安定性を重視するようになった」が2番目になるなど、息の長い企業を選ぶ人が増えていることが伺えます。

同調査から、社会経験の有無によって就職・転職に対して重視するポイントが異なっていることがわかりました。就職活動や転職活動を行っている人は、この調査結果を参考にしてみてはいかがでしょうか。

【調査概要】

・調査対象:20代専門転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者

・調査方法: Web上でのアンケート

・調査期間:9月1日(水)~9月15日(水)

・有効回答数:582人

※詳細についてはプレスリリースをご確認ください。

北崎早希

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加