2回目デートにつなげるのに必要なのはこれだった!初デートでやるべき対策3選

2回目デートにつなげるのに必要なのはこれだった!初デートでやるべき対策3選

  • ノービオ
  • 更新日:2022/05/14

こんにちは、恋愛アドバイザーの津崎まみです。

女性を沼らせるLINEのテクニックを大公開!

登録者が25万人を突破しているYouTubeチャンネルで「見るだけで恋愛が上手くいく!」をコンセプトに恋愛ノウハウを発信している私が、今回は「2回目のデートにつなげるために初デートでやるべき対策」についてお話します。

対策1:デート中に次のデートのアポを取る

「初回のデートのあとにフェードアウトされてしまう」「楽しく初デートが終わったはずなのに、2回目のデートにつながらない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

2回目のデートにつなげるために一番大切なのは、デート中に次のデートのアポを取ることです。

「後からLINEでもいいのでは?」と思う方もいるでしょう。しかし、デートが終わった後では「行こうかな?どうしようかな?」と考える時間を与えてしまいます。

また、知らない間にどんなライバルが登場するかわかりません。デート中にアポを取れれば、その場で返事をしなければいけないので断られる可能性が減る傾向があります。

デートの約束をするなら、日時、場所も決められるのが理想です。そこまで決められなかったとしても「次はどこに行きたいね」と話せていると次回のデートを誘いやすくなります。

後で連絡するときに「〇〇に行きたいねって話していたけど、来週の週末とかどう?」と聞けばOKをもらいやすくなりますよ。

対策2:「家着いたら連絡してね」と見送る

初デートの最後に「家に着いたら連絡してね」と見送るのもおすすめです。デートの最後に優しい人、気遣いができる紳士的な人という印象を与えられると、後から振り返ったときに「いい人だったな」と思ってもらえる可能性が高くなります。

また家に着いてから送ったLINEによって、相手のテンションがわかります。「今日はすっごく楽しかったです!また会えたら嬉しいな!」というトーンなのか、「今日はごちそうさまでした」という形式的なお礼なのかによって、相手の気持ちが読めますよね。

「家に着いたら連絡してね」と言うときに気を付けたいのは、「フェードアウトすると思ってるから連絡してって言っているんだな」と思われないようにすることです。そのためにもデート中にアポを取っておくことは必須だとも言えるでしょう。

対策3:女性と話した内容をメモしておく

マッチングアプリを利用している男性の場合、何人もの女性と同時進行でデートしていることが多いですよね。男性がやりがちなのが、間違えてほかの女性の話をしてしまうことです。

もし初デート後のLINEでほかの女性の話をしてしまったら、デートの約束ができていたとしても「チャラい人」と認識されてキャンセルされてしまいます。

こんなことにならないよう、女性と会った後には話した内容をメモしておくことが大切です。もちろん、すべてをメモする必要はありません。相手の誕生日、趣味、何気なく言った言葉を覚えておくと、その後の会話もスムーズですよ。

服装も覚えておくと「この前はスカートだったけど、今日はパンツなんだね。どっちも似合うよ」などと言えるのでおすすめです。女性はデートのために一生懸命服を選んでいます。きちんと覚えていてくれたら、思わずキュンとしてしまうものです。

また、女性がおすすめしてくれた映画やドラマは最低限見ておきましょう。自分が好きだといったものを知ろうとしてくれる男性は好印象ですよ。

何よりも大切なのはデート中に次回のアポを取ること!チャンスを逃さないで

2回目のデートにつなげるために最も大切なのは、デート中に次回のアポを取ることです。

日時まで決められなくても、最低限次のデートプランについて話せている状態を目標にしましょう。しっかり2回目のデートにつなげて、彼女をゲットしてくださいね!

津崎まみプロフィール

恋愛アドバイザーとして、主にYouTubeで活躍中。自身が開設しているYouTube「見るだけで簡単!恋愛テクニックが上達」はチャンネル登録者25万人を突破。「津崎まみの恋愛応援塾」という自身のファンクラブほか、TwitterやTikTok、InstagramなどのSNSで情報発信。男性向け恋愛アドバイスを中心に、さまざまなジャンルの著名人とのコラボ動画など、日々多彩なコンテンツを発信している。

取材・文=よしだゆき

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加