広島・森下「明治大学に入って良かった」9勝目お預けも柳との投げ合いに感謝

広島・森下「明治大学に入って良かった」9勝目お預けも柳との投げ合いに感謝

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/20
No image

8回、フランスアが阿部に適時打を打たれて逆転を許し、思わずベンチから身を乗り出す森下

「広島2-5中日」(17日、マツダスタジアム)

先発した広島のドラフト1位・森下暢仁投手(23)=明大=は7回5安打1失点と好投した。

特別な一戦となった。中日の先発は明大の3学年先輩である柳。柳が4年生、森下が1年生の時に寮が同部屋だった。先輩の背中から多くのことを学び、エースで主将。そして4年次にはともに大学の頂点に立つなど同じ道をたどった。

「いい感じで入れた。いつも通り投げられました」と森下。2-0で迎えた四回に2死一、二塁から高橋に左前適時打を浴び、1点を失うもシエラを一飛に抑えた。「1点で抑え、逆転されなかったのは良かった」と話した。

その後は直球と多彩な変化球で中日打線を手玉に取り、スコアボードにゼロを並べた。

先輩のマウンド姿は「自分のことに集中して見ていなかった」と右腕だが、二回2死。柳から右翼線へ二塁打を放った打席は「真っすぐだけだったので、打てた。いいところに飛んだ」と控えめに喜んだ。

中継ぎが打たれ、9勝目はお預け。それでもルーキーは「柳さんと投げ合えて明治大学に入って良かった」と感慨深げに語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加