新庄ハムが執念勝利 4番清宮が犠打で決勝点演出 上川畑がV打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/23

「楽天3-6日本ハム」(23日、楽天生命パーク宮城)

日本ハムが延長十回に決勝点を奪い、競り勝った。

十回は連打で無死一、二塁とし、4番・清宮の犠打で1死二、三塁と好機拡大。上川畑が左前に決勝打を放った。さらに松本剛の2点適時打などで一挙4点を入れた。

楽天は育成出身のルーキー宮森が、十回に4安打を集中されて4失点の乱調。デビューから継続していた無失点記録も22試合で止まった。

痛恨の敗戦で4位西武とのゲーム差も0・5となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加