【BOM】石井一成、計量パスでWBCムエタイ世界王座獲りへ再挑戦。相手は「今まで僕がやってきたタイ人の中でも一番強いタイ人」

【BOM】石井一成、計量パスでWBCムエタイ世界王座獲りへ再挑戦。相手は「今まで僕がやってきたタイ人の中でも一番強いタイ人」

  • ゴング格闘技
  • 更新日:2022/09/24
No image

2022年9月23日(金・祝)東京・大田区総合体育館『Shimizu presents BOM OUROBOROS 2022』の前日計量が22日(木)神奈川・横浜市内にて14:00より行われた。

メインイベント(第19試合)のWBCムエタイ世界スーパーフライ級(52.16kg)王座決定戦で対戦するデットペット・ウォーサンプラッパイ(タイ)とイッセイ・ウォーワンチャイ(=石井一成/ウォーワンチャイプロモーション)は共に52.0kgで計量をクリアーし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。

No image

8月11日のK-1初参戦で衝撃の3RでのKO勝ちから約1カ月でムエタイルールに復帰を果たす石井は、2019年にルンピニースタジアムでの試合以来のWBCムエタイ世界スーパーフライ級タイトルマッチ挑戦を迎える。

計量後、石井は「コンディションはバッチリです。久々に52.16kg契約の試合ですが、今日を合わせて4段階で計量があって、いつもより楽に落とせることができました」と好調をアピールする。

No image

相手のデットペットは現ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフライ級1位にランキングしている強豪であり、「計量で身体を見て意外に小さいなと思いましたが、試合映像を見たらどんどん蹴ってきて、距離が近くなるとヒジを合わせてきて首相撲でネチネチ攻めてくるテクニックのある選手。BOMの中川(夏生)代表は今まで僕がやってきたタイ人の中でも一番強いタイ人ではないかと言われていて、僕もそう思いました」と警戒心を強める。

しかし、「向こうは多分KOを狙うかわかりませんが勝ちに徹してくると思うので、相手のテクニックをかいくぐって僕のテクニックとパワーで倒しにいきます」と気合い十分。

今大会には所属するウォーワンチャイプロモーションからレンタ、コウシ、リュウノスケ、イオリの4選手も出場する。「一緒に練習している後輩たちと一緒にリングに上がれるのは嬉しいですね。勝ってつないでもらって、僕が最後に勝ってベルトを巻きたい」と力強くベルト奪取を宣言した。

No image

また、セミファイナル(第18試合)のIPCC世界フェザー級(57.15kg)王座決定戦で対戦する朝陽・P.K.センチャイ(P.K.SaenchaiMuayThaiGym)は57.0kg、ペイム・バンライカンケンドン(タイ)は56.8kgで計量をパスした。

昨年12月のONEでのジョセフ・ラシリ戦以来、約9カ月ぶりの試合となる朝陽は記念撮影で新調されたベルトを持ち「旧K-1のようなベルトみたいでカッコいい」とベルト奪取へのモチベーションは高い。「昨日、減量は落ち切っていて体重の心配もなく計量を迎えられました」とコンディションは問題ない様子も見せた。

No image

相手のペイムについては「結構何でもできるオールラウンダー」といい、「自分は倒す気でいます。こういう相手だとレベルが違うというところを見せ付けたい。KOにこだわった試合をして“倒せる”ムエタイをお見せするので僕の試合を楽しんでください」と意気込みを語った。その他の選手の計量結果は以下の通り。

「Shimizu presents BOM OUROBOROS 2022」
開催日時:2022年9月23日(金・祝)開場14:50/本戦開始15:00
※閉幕時間を早める関係で当初発表より30分前倒し
会場:東京・大田区総合体育館(https://www.ota.esforta.jp/access/index.html)
主催:株式会社BOMプロモーション

<全対戦カード>

▼メインイベント(第19試合) WBC世界スーパーフライ級(52.16kg)王座決定戦 3分5R
デットペット・ウォーサンプラッパイ(タイ)
イッセイ・ウォーワンチャイ(=石井一成/ウォーワンチャイプロモーション)

▼セミファイナル(第18試合) IPCC世界フェザー級(57.15kg)王座決定戦  3分5R
朝陽・P.K.センチャイ(P.K.SaenchaiMuayThaiGym)
ペイム・バンライカンケンドン(タイ)

▼第17試合 WPMFインターナショナル ミドル級(72.57kg)王者決定戦 3分5R
MIKE JOE(BATTLE FIELD/TEAM J.S.A)72.1kg
喜多村 誠(ホライズンキックボクシングジム)71.9kg

▼第16試合 WPMF世界ウェルター級&BOMウェルター級(66.67kg)ダブルタイトルマッチ 3分5R
高橋幸光(TSK jpan/BOMウェルター級王者)66.5kg
パコーン・P.K.センチャイジム(タイ/P.K.SaenchaiMuayThaiGym)66.4kg

▼第15試合 WMC日本ライト級 (61.23kg)3分3R
琢磨(東京町田金子ジム)61.1kg
シリモンコン・P.K.センチャイ(タイ/P.K.SaenchaiMuayThaiGym)60.5kg

▼第14試合 BOM 62.50kg契約 3分5R
レンタ・ウォーワンチャイ(=松井蓮汰/ウォーワンチャイプロモーション)62.3kg
健太(E.S.G)62.1kg

▼第13試合 WMCインターコンチナンタル ウェルター級(66.67kg)王者決定トーナメント 3分3R延長1R
KAZU(蒼天塾/GTジム)66.5kg
誠(RANGER GYM)67.50kg→再計量

▼第12試合 WMCインターコンチナンタル ウェルター級(66.67kg)王者決定トーナメント 3分3R延長1R
与儀(真樹ジム沖縄)66.4kg
森木一吉(K-Fit-Lab)66.0kg

▼第11試合 WMC 45.00kg契約 2分5R
キットペット・ロングレインキラカラット(タイ)45.1kg→45.0kg
コウシ・ウォーワンチャイ(ウォーワンチャイプロモーション)44.5kg

▼第10試合 WMC日本フェザー級(57.15kg)次期挑戦者決定戦 3分3R延長1R
伊仙町典久(Bull)56.8kg
しょーい(湘南格闘クラブ)56.8kg

▼第9試合 WMCライト級(61.23kg)世界ランキング査定試合 3分3R延長1R
羅向(ZERO)61.0kg
ブッダルイ・ショウブカイ(尚武会)60.6kg

▼第8試合 WMC日本スーパーライト級(63.50kg)王者決定戦 3分5R
KJヒロシ(Y'ZD 沖縄)63.3kg
真吾YAMATO(大和ジム)63.4kg

▼第7試合 WMC日本ライトフライ級王者決定戦(49.00kg) 3分5R
イオリ・ウォーワンチャイ(ウォーワンチャイプロモーション)48.9kg
悠斗(東京町田金子ジム)48.9kg

▼第6試合 WMC日本スーパーフェザー級(58.97kg) 3分3R
ボム・ピンサヤーム(タイ/BOMスポーツジム大分)60.9kg
川原龍弥(北流会君津ジム)60.9kg

▼第5試合 WMC日本スーパーフェザー級次期挑戦者決定戦(58.97kg) 3分3R延長1R
パルコ・レンジャージム(RANGER GYM)58.7kg
聡之晟(TSK jpan)58.6kg

▼第4試合 WMC日本55.00kg契約 3分3R延長2R
石川直樹(team LIT)54.9kg
リュウノスケ・ウォーワンチャイ(=今村竜之助/ウォーワンチャイプロモーション)54.9kg

▼第3試合 WMC日本ミドル級(72.50.kg) 3分3R
大輝・FLYSKY GYM(FLYSKY GYM)72.3kg
駒形賢太(RANGER GYM)72.3kg

▼第2試合 WMC日本ライト級(61.23kg) 3分3R
真吾(RANGER GYM)再計量→61.20kg
加藤淳平(LAILAPS東京北星ジム)60.6kg

▼第1試合 WMC日本 54.00kg契約 3分3R延長1R
奥脇一哉(エイワスポーツジム)54.0kg
Gang-G(ゴリラジム)53.7kg

▼オープニングファイト WMC日本 70.00kg契約 2分2R延長1R ※ヒジなし
Joe Isao(BOM SPORTS GYM 沖縄)64.5kg
Yuki Shobukai(尚武会)再計量→67.5kg

ゴング格闘技

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加