広島、3年連続のシーズン負け越し決定...大瀬良2回KOで9敗目、初回の4失点響く

広島、3年連続のシーズン負け越し決定...大瀬良2回KOで9敗目、初回の4失点響く

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/09/23
No image

広島・大瀬良大地 (C) Kyodo News

● 広島 3 - 7 阪神 ○
<25回戦・マツダスタジアム>

広島は阪神との今季最終戦に敗れ、今季の通算成績は66勝71敗3分け。残り3試合を待たず、3年連続のシーズン負け越しが決まった。

先発・大瀬良の不調が響いた。右腕は初回、3番・近本、4番・大山に連続適時二塁打を浴びると、5番・原口には左翼席へ2ラン被弾。立ち上がりに4点を失い、2回裏の攻撃で代打を送られ降板となった。4回は2番手・遠藤、6回は3番手・中﨑が失点。早めの継投も奏功せず、6回までに計7失点となった。

打線は5番・松山の2号2ランなどで反撃するも、7回以降は阪神の勝ちパターンに封じられ敗戦。再び阪神と4位で並び、2回4失点の大瀬良は9敗目(8勝)を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加