【高山美奈さんのスタメン服】自分らしさのエッセンス、 ビタミンカラーの靴下がお気に入り

【高山美奈さんのスタメン服】自分らしさのエッセンス、 ビタミンカラーの靴下がお気に入り

  • クウネル・サロン
  • 更新日:2022/09/23
No image

ずっと大事に長く着ている服、同じ形を何枚も持っている服、上手に着回してヘビロテしている服etc……。今回はおしゃれ好きに、自分らしくいられる一番好きな服とその着こなしを披露していただきます。

高山美奈/たかやまみな

コスメブランド勤務

大学卒業後、パリに暮らし、マガジンハウスのパリ支局で撮影コーディネーターとして活躍。パリ在住のデザイナーやアーティストと親交を深める。現在はパリ発のコスメブランドに勤務。

足元こそ、こだわりたい

No image

春の気分に合わせて赤×ピンクをリズミカルに配置。「シャリ感のあるシルクのパンツは友人のブランド、『MATRIOCHKA』のもの」。くたっと感のあるオーバーシャツとストールはイタリアの『ダニエラ・グレジス』。『DORÉ DORÉ』の赤のハイソックスと、パイソンのコンバースで足元にインパクトを。

足元のおしゃれこそおろそかにしたくないという高山さん。

「木に花が咲くようなイメージで、差し色になる靴下を選んでいます」

靴下のこだわりは相当なもの。気に入った靴下は、パリの友人に買ってきてもらったり、カタログで取り寄せたりして、同じ色柄のものを3足ずつくらいストックしているとか。

No image

「靴下の重ね履きも定番。TPOで印象を変えたいときも足元で遊びます」。赤に重ねたグリーンを足首でクシュっとさせて。靴は10年以上履いているポールハーデ ン。

No image

網タイツとパンプスでエレガントにシフト。靴はパリ在住時に購入したランバン。

「脚を組んだときに肌が見えるのが嫌なので、短いソックスは持ってなくて、 全部ハイソックス。サンダルも履かないので、抜け感を出したいときは網タイツを。コットン、麻、シルクなど肌触りのいい素材が好きですね」

高山さんの<靴下フェチ>は親譲りなのだといいます。

No image

『T.yamai paris』のストライプシャツ、『ダニエラ・グレジス』の麻のスカートに、鮮やかなビタミンオレンジのハイソックスとキャメルカラーのチャーチのブーツを利かせて。「アクセサリーで赤を足して色のバランスを取っています」。帽子はパリの蚤の市で買ったもの。

「母は靴下のかかとが薄くなっているのを気にする人だったので、私もつい人のかかとを見ちゃう。シャツはアイロンをかけないのに(そもそも持っていない)、靴下はきちっとしていたいんです」

No image

麻のハイソックスとコールハ ーンのオックスフォードで軽快に。 「白のヌバックの靴はつねに買い足している夏の定番です」

No image

足元をモノトーンに。「ダブルストラップのカレッジシューズは、イギリスの『スターライト』のもの。30年くらい大事に履いています」

No image

高山さんの靴下コレクションの一部。「ビタミンカラーが好きでよく合わせています。たまに白い靴下だとびっくりされることも」

「かかとが薄くなっていたら当て布をすることも。靴も同じで、履き古されてクタクタでも、きちんとお手入れされていることが大事。 足元は油断しがちですが、おしゃれってそういうところに表れるんじゃないかと思います」

『クウネル』2022年7月号掲載

写真/玉井俊行、取材・文/矢沢美香

おすすめ記事

◎【フランス人の街角スナップ】マチュア世代のフェミニンスタイル。優しい印象に見せるクリーム色コーデ4選
◎夏の黒はこう着る!スタイリスト・恩田嘉寿美さんが着こなす〈MM6〉の黒ワンピース
◎【フランスマダムのファッションスナップinパリコレ】おしゃれ玄人はモノトーンで勝負。
◎【津曲久美子さんのおしゃれ術】大人であるほど上品になる!センスが光るモノトーンコーデ
◎シルバヘアー編。増えてきた白髪をポジティブに捉えるマダム多数です。

sasamoto chihiro

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加