「38歳のレジェンドが決めたゴールに歓喜したが...」なでしこの“執念”にカナダ・メディアは嘆息。「主導権を握っていたのに」

「38歳のレジェンドが決めたゴールに歓喜したが...」なでしこの“執念”にカナダ・メディアは嘆息。「主導権を握っていたのに」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/21
No image

日本から先制点を奪い、歓喜するカナダのイレブン。シンクレア(中央)はさすがの決定力を見せた。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

東京オリンピック女子サッカーのグループステージ第1戦、日本対カナダが7月21日、札幌ドームで行なわれ、1-1の引き分けに終わった。

先制点はカナダだった。38歳にして、国際Aマッチ300試合目という驚異の記録を更新したカナダのエース、クリスティン・シンクレアが6分に日本のゴールを割り、チームを勢いづかせる先制点を挙げる。

以降、試合のペースはカナダにあった。地元局『CBC』は、「シンクレアが歴代187ゴール目を叩き込み、彼女が持つ国際的な試合での得点数を更新した。その後、守護神のステファニー・ラビはPKを与え、取り乱したものの、そのPKをストップ。負傷して交代するまでの働きは目を瞠るものがあった」と自軍を称えている。
一方で、「この試合では、カナダが主導権を握っているように見えたが…」と追いつかれたことを悔やむ様子も見せた。

「試合の残り6分で、日本が執念を見せた。岩渕真奈のゴールで同点に追いつかれ、オリンピック初試合はドローで幕を開けることになった」

また、両軍にとって波乱に満ちた初戦を、痛み分けのドローで終えたことについては、「悪くもない結果だろう」としている。

カナダは24日にチリ、27日にはイギリスと対戦し、グループステージ突破を目指す。この初戦の結果がいかに今後に影響を与えていくかが注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【五輪代表PHOTO】日本女子1-1カナダ女子|窮地を救ったのは岩渕!起死回生の同点弾でカナダとドロー発進!

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加