和田アキ子、政府の新型コロナ対策に苦言 「もっと厳しくやってもらわないと」

和田アキ子、政府の新型コロナ対策に苦言 「もっと厳しくやってもらわないと」

  • Sirabee
  • 更新日:2022/08/06
No image

6日放送の『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)で、和田アキ子が政府の新型コロナウイルス対策に苦言を呈した。

■和田が政府のコロナ対策に苦言

番組冒頭、垣花正が新型コロナウイルスに感染しないようリスナーに注意を呼びかける。

すると和田は「先週の『おまかせ』でも言いましたけど、不謹慎かもわからないけど、私もカッキーも感染してるよね。申しわけないですけど、(新規感染者の)人数を言われてもね、なんかピンとこないです」と指摘。

そして「今、医療が逼迫してるっていうけど、もっと厳しくやってもらわないと。もうだって手洗い、うがい消毒マスク、自己責任としてやってるでしょ。それでも感染者が増えている」と苦言を呈した。

関連記事:和田アキ子、義理チョコを贈った男性の意外な対応を告白 「純な子もいた」

■垣花も同調

和田はさらに「増えているのに、検査してない人もいるんじゃないかっていう。感染していても、濃厚接触者でも」とコメントする。

垣花も「お盆休みがきますけど、本当に移動する前に人によっては、きっちりPCR検査や抗原検査をやっておきたい人もいるでしょうけど、調べて万が一陽性って出たら嫌だから、もうやらないという人もいると思いますよ」と指摘する。

そして「どうすればいいのよっていう、アッコさんの不満というか、不安は。国が強い指導をするのがいいかどうか分かりませんが、あんまり政治家の方からのメッセージもないんで、どうすればいいんだという」と話した。

■自身の療養生活にも言及

話を聞いた和田は「尾身さんがこのあいだ『考え方をちょっと変えたほうがいい』っていうのもあったけど。それでいつもコメントされる方は各局ね、お抱えっていうか、同じような人で」と語る。

さらに「なんかもっと、あの怖さはなんだったんだろうっていう。あれ、ちょっともう1回。とにかくね、匂いもしなければ、形もないしね。かといって、感染した私たちから言わせるとね、まあ家にずっといるって言うね、この辛さ」と話し、自身のコロナ療養生活がいかに厳しいものだったかを振り返った。

■垣花も持論展開

和田の話を聞いた垣花は「結局症状がない人は隔離されている時間が辛い。症状が出ている人が発熱外来に行けない恐怖で辛いってのもあるらしくて。それがまた難しい」と話していた。

・合わせて読みたい→和田アキ子、生放送中にミスした垣花正に驚愕 「私の長い芸能生活でも…」

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加