J1アビスパ福岡、三國ケネディエブスと契約更新!過去にユベントスU23の練習参加

J1アビスパ福岡、三國ケネディエブスと契約更新!過去にユベントスU23の練習参加

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/01/12
No image

三國ケネディエブス 写真提供: Gettyimages

明治安田生命J1リーグのアビスパ福岡は12日午後、DF三國ケネディエブスと2021シーズンの契約更新を行ったことを公式発表している。

ナイジェリアと日本のハーフである三國ケネディエブスは青森山田高校在学中にフォワードからディフェンダーにポジション変更を行い、2019年にアビスパ福岡に入団。当時クラブを率いていたファビオ・ペッキア監督から高い評価を受けると、J2リーグ開幕節・FC琉球戦でいきなり先発出場を果たしたものの、監督交代後は出場機会が減少。シーズン終了後にはペッキアがユベントスU-23の指揮官を務めていたこともあり、およそ2週間にわたり同クラブのトレーニングに参加していた。そして昨季は長谷部茂利監督のもと公式戦19試合に出場。また、J2リーグ第8節・愛媛FC戦では後半途中からフォワードとしてピッチに立ちゴールを決めている。

身長192cmをほこり、ロングフィードへの競り合いに強い三國ケネディエブスだが、プロ入り初となるJ1リーグの舞台で日本トップレベルのストライカーを相手にどのようなプレーを披露するのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加