「スター・ウォーズ」最新作が閉幕!アメリカでトレンド1位 “死闘”描いたラスト<オビ=ワン・ケノービ>

「スター・ウォーズ」最新作が閉幕!アメリカでトレンド1位 “死闘”描いたラスト<オビ=ワン・ケノービ>

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/06/23
No image

『オビ=ワン・ケノービ』第6話よりオビ=ワン / (C)2022 Lucasfilm Ltd.

【写真】激闘!オビ=ワンVSダース・ベイダーのライトセーバーバトル

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作であるオリジナルドラマシリーズ「オビ=ワン・ケノービ」の最終話となる第6話が6月22日にディズニープラスで独占配信された。アメリカではTwitterトレンドの1位になる反響を獲得、日本でもファン達から興奮の声があがった。 (以下、ネタバレが含まれます)

初めてダース・ベイダーを見たオビ=ワンは破れていた

No image

アナキンがダース・ベイダーになる瞬間! / 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(C)2022 Lucasfilm Ltd. ディズニープラスで配信中

「オビ=ワン・ケノービ」は、映画「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」から10年が経った時代の物語が描かれる。オビ=ワンは「スター・ウォーズ」シリーズの歴代主人公であるルーク・スカイウォーカーと、ルークの父であるアナキン・スカイウォーカー2人の師であり、2人を善へと導こうと尽くした人物である。

ルークの活躍する映画「—エピソード4~6」(旧三部作)と、続いて公開された「エピソード1~3」(新三部作)の長きにわたりストーリーの主軸に関わっていたオビ=ワンに、新三部作と旧三部作の間で何が起きていたのかが描かれている。

第3話でオビ=ワン(ユアン・マクレガー/日本語版の声:森川智之)は、自分の手で殺してしまったと思い込んでいた弟子・アナキンがダース・ベイダーと化して闇堕ちしていたことを知ったばかりで、剣を向けなくてはいけない状況に戸惑った。その心の迷いから一度は、目の前にしたダース・ベイダーから周りを火の海にされ、オビ=ワンは危機一髪に陥ったのである。

オビ=ワンの本気がダース・ベイダーから余裕を奪う

No image

『オビ=ワン・ケノービ』第5話よりオビ=ワンとアナキン / (C)2022 Lucasfilm Ltd.

その対峙から再び時が経ち、最終話でオビ=ワンとダース・ベイダーは1対1の勝負に挑む。青いライトセーバーを手にしたジェダイ・マスターのオビ=ワンと、赤いライトセーバーのダース・ベイダーが剣を交え、白熱の戦いが描かれた。

オビ=ワンにおびき出されたダース・ベイダーは「私を倒しに来たのか」と余裕を見せるが、オビ=ワンは「使命を果たす」と防御に強い“ソレスの構え”をしてみせる。本気になったオビ=ワンを見て、ダース・ベイダーは両手でライトセーバーを持ち直し、互いにフォースを操りながらの死闘を繰り広げた。

オビ=ワンが見せた“ソレスの構え”に、“スター・ウォーズ”ファンは歓喜の声を上げた。左手の二本指を前に出す独特のポーズに「ソレスの構えが見れたのは胸アツ」「泣くよ泣く!ベイダーとの戦いであのポーズは」「オビワンの強さに震えちゃったよね」など興奮しきり。オビ=ワンがレイアとルークという双子の存在を、自分にとって守るべきものと意識した瞬間から、格段に強くなる場面が感動を誘った。

映画の「—エピソード4」につながる要素をたくさん感じられる「オビ=ワン・ケノービ」。毎週、ディズニープラスでの最新話配信というスタイルが往年の“スター・ウォーズ”ファンも、新しいSF好きなドラマファンの心もつかんだ。SNSで感想を言い合える時代ならではの楽しみ方で、壮大な人間ドラマが感じられた作品だ。ディズニープラスにて全6話が独占配信中。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加