Amazon、ルンバのiRobotを約17億ドルで買収 データ連係に注目

Amazon、ルンバのiRobotを約17億ドルで買収 データ連係に注目

  • ツギノジダイ
  • 更新日:2022/08/06
No image

iRobot のColin Angle(コリン・アングル)会長兼最高経営責任者(CEO)。2015年撮影、朝日新聞のデータベースから

Amazonは2022年8月5日、公式サイト上で、自動掃除機「ルンバ」で知られるiRobot(アイロボット)を負債も含めて約 17 億ドル(約2200億円)で買収したと発表しました。全額現金での取引だといいます。iRobot のColin Angle(コリン・アングル)会長兼最高経営責任者(CEO)は買収完了後もCEOにとどまると明らかにしています。

iRobot(アイロボット)とは

iRobot(アイロボット)は、コリン・アングル氏が1990年、米マサチューセッツ工科大に在学中、ロドニー・ブルックス人工知能研究所所長や、学友の女性ヘレン・グレイナーとともに設立した会社です。

1997年、火星探査ロボットをデザインした功績で米国航空宇宙局(NASA)グループ功労賞を受賞。2002年、アメリカで自動掃除機ルンバの発売開始。コーラのテレビCMで一気に人気となりました。日本でも発売されたのは2003年でした。

アイロボットは、ルンバのほかにも軍事、政府用ロボットも開発してきました。2011年3月に起きた東京電力福島第一原子力発電所の事故では、こうした知見を生かして、放射能測定などに使うロボットをいち早く提供していました。

2016年、軍事ロボット部門を売却し、家庭部門に注力すると発表していました。ただし、この家庭部門でも近年、競争が激化しています。

Amazonによる買収の概要

Amazonの公式サイトによると、Amazon はiRobot の純負債を含め、約17億ドル相当の全額現金取引で、iRobot を買収します。取引の完了後、 コリン・アングル氏はiRobotのCEOとして留まるといいます。

コリン・アングル会長兼CEOのコメント

Amazonは、人々が自宅でより多くのことができるようにするイノベーションを起こそうという情熱を私たちと共有しています。私たちのチームが自分たちの使命を続けるのにこれ以上の場所は思いつきません。

Amazon公式サイト

ルンバが収集するデータとAmazonの連係に注目

iRobotのプライバシーポリシーによると、iRobotやその子会社、持ち株会社と持ち株会社のグループ会社などは、プライバシーポリシーに基づいてiRobotと同じ方法で顧客の個人情報を使用しますと明記されています。

ルンバが掃除のときに作成する部屋のデータをほかのデータと組み合わせてビッグデータ解析することで部屋に適した商品の提案などができる可能性もあります。過去にもアメリカのメディアで、iRobotがAmazon、Google、Appleなどとデータ連携するのではないかという指摘が複数回出ていました。

買収によって、今後のプライバシーポリシーがどのように変わるのか、データをどのように連携するのかについても注目が集まりそうです。

杉本崇

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加