森保監督が明言 米国戦で「4―2―3―1」をテスト「バリエーションが増える」

森保監督が明言 米国戦で「4―2―3―1」をテスト「バリエーションが増える」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇親善試合 日本―米国(2022年9月23日 デュッセルドルフ)

No image

笑顔の森保監督(撮影・小海途 良幹)

日本代表の森保一監督(54)は22日、米国戦の前日会見に臨み「対戦相手の良さを消すところ、弱点を突いていくところを出していけたらいい。ベースがありつつ、アジアの戦い方からW杯の世界の戦いに臨めるように変化をもたらしたい」と新たなステップとすることを強調した。

米国戦では従来の「4―3―3」ではなく、トップ下を置く「4―2―3―1」をテストすることも明言。「起点を前線に増やすという意味では、良い守備から良い攻撃に移っていくときのバリエーションが増えると思う」と期待を込めた。

最終試験の意味合いも兼ねたドイツでの2試合。新たに加わってきた選手も積極的に起用していく方針も明確にし「どれだけ時間を与えられるか分からないが、試したいことを組み込んでいきたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加