日本ハム・輝星 楽天・マー君と先発で投げ合い3回1失点「感覚としては特別な試合」

日本ハム・輝星 楽天・マー君と先発で投げ合い3回1失点「感覚としては特別な試合」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

◇練習試合 日本ハム6―3楽天(2021年2月20日 金武)

No image

<楽・日>力投する先発の吉田(撮影・高橋茂夫)

日本ハム・吉田輝星投手(20)が20日、楽天との練習試合(金武)に先発し、ヤンキースから楽天に復帰した田中将と投げ合った。3回4安打1失点で2奪三振、最速は145キロだった。日米通算177勝右腕の投球フォームや、残したマウンドの足跡を目に焼き付け、今季のブレークを実現させる。

先攻の自軍攻撃中、吉田は投球準備を進めながらマウンドを何度もチラ見した。東北・秋田の野球少年にとって英雄以外の何物でもなかった楽天の背番号18がそこにいる。「テレビで見るより、投げ方が凄い奇麗だった。体が傾いたり無駄な方向に動くことが全くない。僕はむちゃくちゃ好きなフォーム。生で見られて良かった」。田中将の投げ姿にすっかり目を奪われた。

同じ背番号18をつけ、初回裏のマウンドに上がる。気付くことがあった。「しっかり本塁方向に踏み出す(左足の)爪先が向いていた。マウンドはプレート側がむちゃくちゃ削れていて、蹴っている証拠」。日本で、メジャーで結果を残し続ける男の凄さを、その足跡から理解した。

田中将と同じように立ち上がりに本塁を踏まれた。先頭の辰己に左中間二塁打、続く小深田に中前適時打を浴びて1失点。結果球はいずれも直球だったが、吉田は前向きに捉えた。「カウントを取る真っすぐは結構良い所に決まった。追い込んでからも真っすぐのサインが出た。優心さん(捕手・清水)が“三振が取れる”と思うぐらいの真っすぐが投げられていたと思う」。2回以降は「今日一番良かった」というカットボールを交えて無難に抑えてみせた。

「感覚としては特別な試合」だったという。田中将は確実に開幕までに調子を上げてくる。「僕もローテーションに入って調子を保てば、いつか投げ合う機会がある。その時に自分の投球がしっかりできるようにしたい」と決意を述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加