池田彩、出産“中断”に「腹切ってくれー!!!!と思いました」

池田彩、出産“中断”に「腹切ってくれー!!!!と思いました」

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/11
No image

テレビアニメ「プリキュア」シリーズの主題歌などを担当した歌手の池田彩(33)が10日、4月に第1子を出産してから初めて自身のブログを更新。難産で出産した際の詳細な様子などをつづった。

池田は入院から4日後、2日かけて無事に3274gの第1子を出産。しかし、そもそも入院は予定日より1週間以上前で、自身の判断で病院に行ったことがきっかけだったという。「私の場合、高位破水から始まりました。高位破水は、気づきにくいそうで。予定日が近づくにつれ、出産について色々調べていて、高位破水の事も見ていたので、もしかして…と思い、病院に行ったところ、ビンゴ!即入院でした」と明かした。陣痛促進剤を2回打ったといい、1度目を打った後は朝から夕方まで陣痛との戦い。薬の効果がなくなり、出産が進まなくなったことから、医師からは「今日はここまでにして、続きは明日にしましょう」と言われたという。これには、「中断て何?軽くパニック。また明日もこれやんの?もう1回同じ事やるくらいなら、腹切ってくれー!!!!と思いました。切実に」と当時の心境をつづった。翌日、2度目の促進剤を打ち、痛みに耐え、最後は吸引分娩(ぶんべん)で出産。そんな苦労もあり「(赤ちゃんが)出てくる瞬間が見えた時、思わず嬉(うれ)しさの声がもれました。感動の涙も」と喜びもひとしおで、現在は「毎日可愛いを更新してくれて、毎日幸せです。出来るだけ愛情いっぱい注いであげたい」と幸せをかみ締めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加