土屋太鳳、親子愛に「どうしよう...。泣いちゃう」

土屋太鳳、親子愛に「どうしよう...。泣いちゃう」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

映画「フード・ラック!食運」公開記念舞台あいさつで、涙ぐむ土屋太鳳(撮影・野上伸悟)

女優土屋太鳳(25)が21日、映画「フード・ラック!食運」(寺門ジモン監督)の公開記念舞台あいさつに出席し、劇中内の親子愛に触れて、感涙した。

EXILE NAOTO(37)演じるフリーライターと、下町の人気焼き肉店を経営する母との親子の物語が描かれており、そのことに話が及ぶと「どうしよう…。泣いちゃう」。親子であるがゆえに、逆に恥ずかしがって伝えたいことが伝えられないという展開に「情が深い分、すごく切ないなと思いました。よく母からも、親だからできることもあるけど、親だからできないこともあると言われるんですけど、それって(作品の中の)こういうことなのかなって」と目を潤ませた。

演じたNAOTOも「すごくリアルなシーンでした。それをいかに映像に残すかを考えていました」と明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加